最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 低侵襲癌診療装置開発プロジェクト基本計画案にパブコメ募集 、経済産業省 | トップページ | 日本経済の新展開を目してシステム開発の活況、キューブシス テムに見る事例 »

2015年2月26日 (木)

J-POWER、大間原発・風力発電・タイ火力など国内卸・海外供 給に比重高まる

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
電源開発㈱のJ-POWER倶楽部誌が届いた。企業機関誌の一つだ
が、記事・映像ともに抜群に高度で、電力業界における地位を
質的量的に革新しつつあるJ-POWERに相応しい。例えば、同社
・北村雅良社長と海洋研究開発機構・高井 研・地殻内分野長
の対談は、編集部が付した「リスクを取って前に進め」の標題
が平凡に過ぎるが、対談の中身は抜群で、高井氏の仕事を北村
氏は「経営者として私は、会社がリスクを取るためには、やる
気だけでなく、それを支える財務体力が必要で、根性だけでは
リスクは取れない。収益性を見込める事業を積上げ財務体力を
付ければ、とり大きなチャレンジができる」と評し、高井氏が
「それがマネジメントで、コンスタントに論文を書き続けて研
究費を得ることが重要であり、それを続けられる期間によって
リスクを取れる範囲が決まる」と呼応している。政府機構に在
ってもビジネスバランスでリスクを考える運営が重要である。
SANARI PATENT所見→さらに高井氏は、「深海の研究には勿論
、チーム力が求められる。一方で、会社組織とは少し異なるか
も知れないが、研究者にとって重要なのは個人のオリジナリテ
ィ、すなわち独創性と個性である」と述べているが、リスクの
選択と、選択リスクによる独創において、チーム力と個人力と
の寄与を総合把握し対処し処遇することは極めて重要な経営課
題である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

« 低侵襲癌診療装置開発プロジェクト基本計画案にパブコメ募集 、経済産業省 | トップページ | 日本経済の新展開を目してシステム開発の活況、キューブシス テムに見る事例 »