最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 営業秘密・知財戦略相談窓口を経済産業省(特許庁)が新設 | トップページ | 色彩や音の商標も登録可能、来る4月1日から »

2015年1月22日 (木)

商工中金と日本政策投資銀行の今後の在り方、経済産業省と財 務省

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・中小企
業庁事業環境部金融課)によれば経済産業省は、商工中金の在
り方について方針を決定し(2015-01-21)、次期通常国会に法案
を提出するなど所要の措置を講ずるが、同様に財務省は、日本
政策投資銀行の在り方について、所要の措置を講ずる。
佐成重範弁理士所見→商工組合の金融業務が中小企業にとって
極めて重要な地位を占め、日本政策投資銀行の投融資業務が政
策対象分野の企業存続や展開、イノベーション促進のため、公
的資金の機能態様として極めて重要な地位を占めてきたことは
周知の通りであり、両機構の在り方が、上記法案の国会審議に
より国民合意の形成によって革新されることが望まれる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

« 営業秘密・知財戦略相談窓口を経済産業省(特許庁)が新設 | トップページ | 色彩や音の商標も登録可能、来る4月1日から »