最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« O2Oの先導ベンチャー・頓智ドット株式会社が株式会社tabに社 名変更 | トップページ | 家事支援サービスの品質確保、経済産業省が支援事業者の取組 指針作成 »

2015年1月28日 (水)

独立系システムインテグレータ・エヌアイディ(ジャスダック )の受注活況

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
資源小国・日本の再興がIT技術による高度創出に依存すること
は異論なく、非上場ベンチャーを含めて、IT企業の最近の活況
は国民に元気を与えるものとして周知すべきであろう。関連し
てエヌアイディ株は昨年初来高値を更新して4105円に達し
(2015-01-28前場高値)、昨9月安値1815円の2.26倍に及んだ
。既にエヌアイディは「独立系システムインテグレータ。組込
ソフト開発、システム開発、ネット運用が三本柱。コンテンツ
分野を開拓中」と特色付けられ(会社四季報)、「最高益。シ
ステム開発は損保大型案件のほか、共済・製造業など受注残が
豊富。好採算のネット運用を継続し、2016年3月期も仕事量豊
富」と高評価されている。加えて「統合システムは2年後に稼
働予定。その間、開発・保守を通じてコンテン関係を親密化す
る。慶應大学発の人工知能ベンチャーにも出資」と、次世代イ
ノベーションを先導するIT・リアル融合システムを構築しつつ
ある。
SANARI PATENT所見→オンラインツーオフライン、オフライン
ツーオンラインなどイッグデータを構築・活用しつつ市場のグ
ローバルな拡大を志向すべき日本企業にとって、エヌアイディ
のような推進エネルギーが有用である。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« O2Oの先導ベンチャー・頓智ドット株式会社が株式会社tabに社 名変更 | トップページ | 家事支援サービスの品質確保、経済産業省が支援事業者の取組 指針作成 »