最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 地方創出と首都圏集中、双方のリアルインフラとして高度化するJR東日本の展開 | トップページ | 米国の国際競争力、違法入国移民に米国国籍、知財国家戦略の相関 »

2015年1月 1日 (木)

元旦のヤフーニュース、特許庁の知財流出対策の大速報

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
ヤフーのビジネスメソッド革新が顕著で、特に、ネット販売の出店料無料制とニュースの速報性・関連性表示が秀抜と、WBSも称賛したが、元旦早々のヤフーが、産経新聞記事を引用しつつ、「企業秘密守ります:知財流出時に迅速捜査:特許庁、警察庁などと連携」と題し、「特許庁が警察庁や経済産業省の所管機関と連携し、企業のノウハウを保護する体制を整備することが、大晦日の31日に分かった。産業スパイやサイバー攻撃による情報流出が社会問題になる中、被害情報を警察当局と共有して迅速に捜査着手に繋げる狙いだ」と報じたことは、年頭の業界年賀会の話題ともなって、新春の緊張した日本再興プロジェクトを発進することが望まれる。
佐成重範弁理士所見→「政府機関が営業秘密データを暗号化して保管する金庫番制度づくりにも乗り出し、競争力の源泉となる知財を、国を挙げて構築する」との解説も付され、グローバルな課題を元旦に再認識させる産経・ヤフーヒットである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

« 地方創出と首都圏集中、双方のリアルインフラとして高度化するJR東日本の展開 | トップページ | 米国の国際競争力、違法入国移民に米国国籍、知財国家戦略の相関 »