最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 色彩や音の商標も登録可能、来る4月1日から | トップページ | 独立系システムインテグレータ・エヌアイディ(ジャスダック )の受注活況 »

2015年1月26日 (月)

O2Oの先導ベンチャー・頓智ドット株式会社が株式会社tabに社 名変更

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
非上場で産業経済革新を先導しているベンチャーとして特に注 目されてきた頓智ドットが、「tab」と社名変更し92015-01- 22)、サービスブランドと企業ブランドの一致による発展の加 速が予想される。オンライン・ツゥ・オフライン、O2Oがネッ ト・リアル連携の革新メソッドとして急速に普及しつつあるこ とは周知の通りだが、更にその最新型について例えば松浦由美 子氏はその近著「O2O、ビックデータでお客を呼び込め!」( 平凡社2015-01-15初版)の「伊勢丹が飛び付いた最新型O2O、 素人メディア「tab」の威力」の項目で次の通り述べている (SANARI PATENT要約)。「三越伊勢丹、六本木ヒルズ、東京 ミッドタウンなど、今、ファッション性の強い商業施設が挙っ て注目している次世代型O2Oサービスが頓智ドットの「tab」で ある。同社のパートナー企業として上記のほか三菱地所、高島 屋、HIS、ビームス、東急ハンズなど」
佐成重範弁理士所見→リアル・ネット融合の高度化が進み、消 費者流通が合理化することは、日本再生の要めである消費活動 振興のためにも、望まれる。 (訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

« 色彩や音の商標も登録可能、来る4月1日から | トップページ | 独立系システムインテグレータ・エヌアイディ(ジャスダック )の受注活況 »