最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 創業半世紀余のコナカ、紳士服中心の都市型業態多様化と機能性商品の展開 | トップページ | 地方創出と首都圏集中、双方のリアルインフラとして高度化するJR東日本の展開 »

2014年12月27日 (土)

東京オリンピックに向けてキャッシュレス化を推進、経済産業省

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
海外発行のクレジットカードで現金の引き出しが可能なATMの普及など、東京オリンピックを目指して現に著増している外国人訪日客の便利に配慮することは、おもてなしの第一歩であり、SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務流通保安グループ商取引消費経済政策課)によれば経済産業省は、関係各省と協調してキャッシュレス決済推進方策をまとめた(2014-12-26)。主な内容は、海外発行クレジットカードなどによる現金引き出しが可能なATMの普及、地方商店街や観光地等でのクレジットカード等決済端末の導入促進、公的納付金の電子納付の一層の普及である。
佐成重範弁理士所見→オリンピックで盛り上げるまでもなく、キャッシュレス決済は、現金取扱い業務の削減や、現金引き出し等の手間の削減や安全性の向上、買物弱者や介護が必要な高齢者にとっての利便性の向上、行政分野における徴収や納付事務の効率化、決済に伴って得られるデータの活用による販売機会の拡大など幅広い分野で日本再興に資するものである。蛇足だが、国民挙ってキャッシュレス活用するに先立ち、その詐欺活用の知財を発揮するグループの手口を封ずる余地なきことについても、念押ししたい。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com
にご送信ください)

« 創業半世紀余のコナカ、紳士服中心の都市型業態多様化と機能性商品の展開 | トップページ | 地方創出と首都圏集中、双方のリアルインフラとして高度化するJR東日本の展開 »