最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 表参道・河合楽器製作所のグローバル拠点、北米・中国に伸長 | トップページ | グリーン物流優良事業者として(株)アトレ・吉祥寺活性化協議会など経済産業大臣表彰 »

2014年12月 9日 (火)

国内海外の住生活イノベーションの展開するLIXILの活況

弁理士 佐成 重範  Google・Yahoo検索 SANARI PATENT

B Site: http://sanaripatent.blogspot.com

R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

国内ではスマートハウスなどIT・省エネ・都心マンション志向に関連する住生活イノベーション、海外では新興国の中間層著増による住生 活の高度化が巨大なイノベーションを創出して、これらによる住宅リフォーム等の需要が拡大しつつある折柄、LIXILグループの中間報告が 届いた。既にLIXILは「住宅設備の最大手。トステム・INAX等の3社が統合したLIXILグループ。内外でM&Aを積極的に実行」と特色付けられ (会社四季報)、「最高益。海外は、買収したアメリカンスタンダードがフル寄与。国内もリフォーム向けが着実」(同)と高評価されて いる。加えて「8月にタイに大型展示施設を開設。傘下の4ブランド品を横断して展示し、建設ラッシュの現地で訴求を強化。南アフリカ のDAWN社の水栓金具事業買収計画」(同)とグローバルな展開が活発である。今次LIXILグループの報告は上記よりも若干堅実サイドの控え 目な通期予想を示したが、「新しく世界に共通するLIXILバリューを作る・世界水回り戦略など、気宇の広大を実現していくビジネスモデル の構築が、アメリカンスタンダードブランズ事業など、随所に見られる。
(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください) 

« 表参道・河合楽器製作所のグローバル拠点、北米・中国に伸長 | トップページ | グリーン物流優良事業者として(株)アトレ・吉祥寺活性化協議会など経済産業大臣表彰 »