最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« イベントやテレビコマーシャルメッセージ企画のレイ、映像制作も | トップページ | 光電子倍増管で世界シェア約90%、日本独自技術の範例・浜松ホトニクスの好調 »

2014年11月23日 (日)

東南アジア、ゴルフシャフト需要の著増に高品質秘技のグラファイトデザイン応需

弁理士 佐成重範 Google検索・SANARI PATENT(知財戦略研究)
B Site: http://sanaripatent.blogspot.com
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
定年入りの団塊世代から若年層に至るまで、長寿将来への生活不安貯蓄で消費伸び悩みに対して、丁度届いたグラファイトデザインの今次報告は「アジア市場を新たな成長エンジンに」と副題して、海外ゴルフ事情を次のように述べている(SANARI PATENT要約)。「東南アジアでは高い経済成長が続き、これらの国々には既に素晴らしいゴルフ場が多数有るものの、これまでは観光客の利用が中心であったところ、ゴルフ愛好の現地富裕層が著増し、市場の拡大が著しい。そのプレミアムクラブは日本製が占めており、品質が高評価されている。これまでのアジア市場は韓国・台湾が中心だったが、新たに東南アジア市場が加わる。」グラファイトデザインの高品質ゴルフシャフト製造技術は、鉄芯に巻き付けるカーボンシートの種類・巻付け方法・その間の加圧・電炉焼成のそれぞれと組合せに秘技が籠められている。グラファイトデザインのサイクル事業も、フレームの剛性重視から「しなるフレーム」嗜好に即応し、特に台湾のサイクリングブームに応じてサイクルパーツの代理店販売も開始している。
佐成重範弁理士所見→先日、小生宅用に、新宿伊勢丹で2万7000円の日本製包丁を買ったが、2~3万円の日本製包丁が、訪日外国人に人気高まり、これまでの3倍近い売れ行きのようである。わが国伝統の鉄鋼の焼き入れや加圧など金属加工技術の優位が、グラファイトデザインのゴルフシャフトやサイクル製造にも活きており、アジア始め新興国富裕層の著増に即応すると考える。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« イベントやテレビコマーシャルメッセージ企画のレイ、映像制作も | トップページ | 光電子倍増管で世界シェア約90%、日本独自技術の範例・浜松ホトニクスの好調 »