最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« わが国情報通信業の平成25年度売上高は43兆1822億円、経済産業省発表 | トップページ | 特許権売買専門業者(発祥の米国ではパテントトロール)が韓国でも »

2014年10月30日 (木)

日本への投資熱がグローバルに高まる環境のもと、総合ファイナンスの東京センチュリーリース

弁理士 佐成重範 Google検索・SANARI PATENT(知財戦略研究) B Site: http://sanaripatent.blogspot.com C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog Twitter: http://twitter.com/sanaripat 昨深夜のWBSは、首相官邸で安倍総理と対談した「世界首位の投資企業・BlackRock(全世界への投資規模 4553兆円(2014.3.31現在)」のR.Fink会長の「日本への投資の有望性」見解披瀝を具に放映したが、わが国企業 としてのファイナンス機能の拡大と弾力性が先ず重要であることは勿論で、このような折柄、東京センチュリー リースが個人投資家向け会社説明会を開催(来る11月17日・招待制)`し、同社・浅田俊一社長が「真の総合フ ァイナンス企業へ」と題して講演することは、誠に意義深い。既に東京センチュリーリースは「合併で誕生した 、みずほ(旧第一勧銀)系リース大手。伊藤忠商事などが母体。海外強化に意欲的」と特色付けられ(会社四季 報)、「連続増配。リース新契約は消費増税の影響を受けるが、融資拡大でカバー。営業資産は確実に拡大。前 期連結したオート2社が通期で収益に寄与。大幅な営業増益が続く」と高評価されている(同)。加えて「メガ ソーラ36カ所への拡大などで2年後の当該資産規模600億円に拡大。航空機・船舶資産は5割増の3000億円へ。 川崎で、再生医療拠点整備事業に参画」(同)と、ニーズ即応の業容拡大に積極性を発揮している。
佐成重範弁理士所見→エネルギー関連を例としても、エネルギー源とエネルギー変換の態様による種別政策が重 要となるなど、グローバルな諸変動に対応しつつ、東京センチュリーリースが総合ファイナンスの実を挙げてい くことを期待する。 (訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« わが国情報通信業の平成25年度売上高は43兆1822億円、経済産業省発表 | トップページ | 特許権売買専門業者(発祥の米国ではパテントトロール)が韓国でも »