最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 情報システム管理運営の委託における監督強化など、組織内部不正防止策改定 | トップページ | 東京経済圏・中規模オフィスビル重点投資のケネディクス・オフィス投資法人、大阪圏にも »

2014年9月30日 (火)

ホテル日航東京で、アジアコンテンツビジネスサミットを来月21・22日に

弁理士 佐成重範 Google検索・SANARI PATENT(知財戦略研究)
B Site: http://sanaripatent.blogspot.com
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
SANARI PATENTに着信した経済産業省発メール(担当・商務情報政策局文化情報関連産業課)によれば経済産業省は、経済成長が著しいアジア市場に、日本のコンテンツ業界の注目が集まる中、来月21・22日にアジアコンテンツビジネスサミットを東京で開催する。10月21日の、ホテル日航東京(お台場)で開催のオープンセミナでは、アジア地域のコンテンツ産業・官民関係者が一堂に会し、コンテンツ産業の振興策や市場動向の最新のトピックスについて議論する。
佐成重範弁理士所見→10年ほど前に、知財基本法がわが国で制定されて以来、自然法則利用技術特許法とその関連法に基づく知財開発保護活用と、コンテンツ知財の開発保護活用とが、知財の二つの根幹として国策対象とされてきたが、いずれもグローバルな展開性を本質とし、TPP交渉の主要課題ともされている。その国際的在り方と共に先ず、コンテンツの創作がアジアないしグローバルに展開し、円滑に国際交流することが、各国・アジア
・全世界の共通の文化・産業・福祉を形成する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 情報システム管理運営の委託における監督強化など、組織内部不正防止策改定 | トップページ | 東京経済圏・中規模オフィスビル重点投資のケネディクス・オフィス投資法人、大阪圏にも »