最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« KIM, HONG ASSOCIATES情報;韓国特許庁、ソフトウェア分野の特許保護対象を拡大 | トップページ | レベルファイブの妖怪ウォッチ、「親子殺到」人気のビジネスメソッドと企業理念 »

2014年7月30日 (水)

認知症薬・抗潰瘍薬を世界展開のエーザイ、米国市場へも意欲旺盛

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT(企業の知財戦略研究)
B Site: http://sanaripatent.blogspot.com
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
高齢化先進国のわが国を始め、先進国・新興国ともに高齢化とストレス増大、生活慣習の変化による認知症と潰瘍症の著増が共通の問題として深刻化している現況だから、認知症薬・抗潰瘍薬の世界展開を進展しているエーザイの好調は一般に想定されるところだが’、関連してエーザイ株は年初来高値を更新して4398円を超え(2014-07-30前場)、2月安値3694円の19.1%高に及んだ。既にエーザイは、「米MGI買収で癌関連分野に注力。海外比率4割超」とも特色付けられ(会社四季報)、「海外を軸に抗癌剤、てんかん剤が伸長。抗潰瘍薬の米国特許切れは通期化。主力の認知症薬、高水準維持。米国やアジアなど戦略市場で販促費を積極投入」(同)と、先行投資が高評価されている。加えて「最大市場・米国の再攻略に意欲。肥満症担当の医薬情報提供者数を5割増やし、テレビ広告も投入。てんかん薬の医薬情報提供者数も倍増」(同)と、業容拡大の意欲旺盛である。
昨月末(2014-06-30)、エーザイの内藤晴夫代取は、英国エリザべス二世女王陛下から名誉大英勲章を受章の叙勲式に臨んだが、内藤氏はエーザイCEOとして、1988年にエーザイ初の欧州拠点をロンドンに設立して以来、1990年にロンドン大学構内にえエーザイロンドン研究所を、2009年に欧州ナレッジセンターをハットフィールドに設立するなど、世界有数のライフサイエンスのクラスターである英国において、革新的新薬の創出を推進してきた功績が報いられたものと考える。
佐成重範弁理士所見→エーザイは今月3日、「抗癌剤ハラヴェンが、より早期の転移性乳癌への適応拡大に関して欧州委員会より承認を取得」と発表したが、内外の医薬大メーカーについても、とかくの信用問題が提起される時流のもと、エーザイが長年にわたり培ったグローバル社会での高度の信用が、その新規事業に対する信頼を支持していくと考える。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« KIM, HONG ASSOCIATES情報;韓国特許庁、ソフトウェア分野の特許保護対象を拡大 | トップページ | レベルファイブの妖怪ウォッチ、「親子殺到」人気のビジネスメソッドと企業理念 »