最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 中国人留学生が創業した日中情報サービス事業・SJIの業績報告 | トップページ | ガソリンスタンド向け洗車機などで馴染み深いエムケー精工の新製品報告 »

2014年6月18日 (水)

角川の新刊「ワールドカップ:巨大ビジネスの裏側」がスポーツマーケティングを解明

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT(企業の知財戦略研究)
B Site: http://sanaripatent.blogspot.com
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
スポーツマーケティングの立役者であるジャックK,氏が著作の標記書は、試合結果に熱狂中の意識からは目下外れているところの、肝腎かなめ、スポーツのファイナンスビジネスを的確に表現したビジネスメソッド知財の貴重な教科書と評価すべきである。ここには先ず「スポーツマーケティングとは何か」の章を要約する。
1. スポーツマーケティングとは、スポーツイベントを通じて、企業の広告宣伝販促活動を効果的に行い、市場を開拓拡大していくことである。イベントをより多く放映させるなどして露出を増やし、同時にそのイベントの出場選手をマネジメントしてビジネス化する、これらの総称である。
2. スポーツマーケター(佐成重範弁理士が付した仮称。標記著作では「私たち」)は、競技団体(スポーツの主催者)と、スポンサー企業との間に入って、両者の言い分を調整し双方のニーズを満たすと共に双方に最大限のメリットを齎す。すなわち、スポンサー企業から、イベントの開催運営資金を引き出すと共に、スポンサー企業がその拠出資金に見合うだけの広告宣伝販促効果を獲得できるよう、マーケティングプランを作成しアドバイスする。
3. すなわち、スポーツマーケターの立場は競技団体側でもスポンサー企業側の一方の側でもなく、両者の中間に立ち、それぞれにとって満足できるよう話を進めることである。
4. スポーツマーケターは要するに広告代理店ではないか、と思われるかも知れない。勿論、代理ビジネスという意味では同様で、近年は多くの広告代理店がこの分野に参入しているが、一般の広告代理店はあくまでも企業側に立って動く。企業のニーズを満たすためにスポーツを使うのである。スポーツマーケターとは出発点が違うのだ。
佐成重範弁理士所見→スポーツのグローバル産業母体としての地位は急速に拡大し、それ以上に、世界平和の絆としての価値は大きい。スポーツマーケターの国際人材として日本人の活躍は、国際競技の審判に日本人の登場と共に、わが国スポーツ知財の国際地位の向上を支える。標記著作題の「裏側」は内幕とか暗躍者のイメージを与えかねないが、読者を吸引するためのネーミングであるにしても、実質は、これを超えた重要意義を有する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)  

« 中国人留学生が創業した日中情報サービス事業・SJIの業績報告 | トップページ | ガソリンスタンド向け洗車機などで馴染み深いエムケー精工の新製品報告 »