最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 糖尿病薬「アクトス」訴訟について武田薬品工業の的確な発表 | トップページ | LEDによる長距離高速通信サービスを実現するランプサーブ株式会社 »

2014年4月12日 (土)

若さ横溢の大江麻里子WBS新メインキャスターが「シニアシフト」特集の大ヒット

佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
B Site: http://sanaripatent.blogspot.com
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
WBSの小谷真生子・前メインキャスターに代わった、若い大江麻里子・新メインキャスターは、昨深夜のテレビ東京WBSで「シニアシフト」の市場展開を特集放映し、わが国産業再興の鍵を握るシニア市場の活発な展開が台頭している模様を実況放映し、意義深い実力発揮を示した。60歳超の「団塊世代」を含むシニア層が、消費者購買額力の半ばを占める現況において、シニア市場の活況化の成否は日本経済の命運を左右する。上記放映では、健康第一の「糖分4分の1クッキー」の好評を始め、一人前食材、小容器食品などシニアのニーズに適応すると共に、指歯ブラシ、おしゃれ老眼鏡、高級腕時計(相続を前提)、シニア会合の晴れ着など、シニア標的の新製品が続出し、受領早々の退職金や、相続税引上げ前を意識してきた蓄財の消費選択など相俟って、シニア消費が既に活発化に向かっていることを実況をもって紹介した。その専門誌として「MADURO]の発刊も。消費者需要拡大の国家政策的意義も大きいと認識すべきである。
上記WBSは同時に、全世代にわたる需要喚起の例として、東急渋谷における百貨店屋上のバーベキュー展開を放映したが、「食材の持ち込み」もOKとあって、地下食材売り場で真鯛など購入して屋上バーベキューを全世代で楽しんでいるから、屋上地下双方で売り上げに寄与することとなる。
佐成重範弁理士所見→ビジネスメソッドの革新こそ、知財の国策即応の核心である。なお小谷真生子さん(週刊新潮によれば未だ49歳)のこれまでの功績を讃え、今後の活躍に括目ビジネスと共に、中国語も達者という大江麻里子さん(同35歳)見事なWBS登場ぶりに喝采する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 糖尿病薬「アクトス」訴訟について武田薬品工業の的確な発表 | トップページ | LEDによる長距離高速通信サービスを実現するランプサーブ株式会社 »