最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« インドネシアで建機部品販売子会社を開業したトピー工業、中国での製造販売を強化、メキシコも | トップページ | 少額投資非課税制度(NISA)口座開設事務業務の繁忙も業績寄与するアグレックス »

2014年3月 8日 (土)

コンテンツのスマートイノベーションを創出する東映アニメーション

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
B Site: http://sanaripatent.blogspot.com
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
会社四季報の紹介で東映アニメーションの資料が届いた。年初来、東映アニメーションは「美少女戦士セーラームーン新作アニメシリーズをニコニコ動画で全世界同時配信決定」「カプテンハーロックがフランス・イタリアで大ヒット、日本アカデミー賞優秀アニメーション作品受賞に続き米国ワーナーブラザーズスタジオで国際3D協会DCREATIVEARTSAWARDS 外国アニメーション映画部門最優秀賞を受賞」「プリキュアシリーズ10周年記念作品となるハピネスチャージプリキュア!をABC・テレビ朝日系列で放送開始」「巨匠・手塚治虫が10年の歳月をかけた超大作・ブッダの第2幕「手塚治虫のブッダ、終わりなき旅の全国ロードショウ開始」「お台場からCOOL JAPANを発信劇場版・銀河鉄道999コンセプトルームを出発進行」「相撲ヒーロー漫画がアニメ化、暴れん坊力士・松太郎、テレビ朝日の日曜早朝に土俵入り」と、コンテンツのスマートイノベーション(その語義は、角川歴彦氏の最近著「グーグル、アップルに負けない著作権法」に詳しい)創出に間断ない。
事業セグメントとして東映アニメーションは、劇場アニメ部門、テレビアニメ部門、コンテンツ事業部門、海外映像部門、その他部門を掲げているが、状況報告は、版権事業(国内・海外)、商品販売事業、その他事業を掲げ、これらの相互起動・誘導・触発が融合して、コンテンツのスマートイノベーションを創出していることが明示されている。一方、個々の構成要素について総合的戦略が緻密かつ動的に構築され、例えば「特定のキャラクター商品が全て集まった売り場へのニーズが年々高まり、単純にキャラクターグッズを入手するだけでは満足できず、作品の世界観を体験・共有できる場所でグッズを買いたいとの動向に応え、かつ東京駅一番街のキャラクターストリートに先ず出店した」。
佐成重範弁理士所見→東映アニメーションの「ワンピース」を始めとする複数作品の中国向け大口映像配信権契約など、特に中国において東映アニメーションの海外成功が顕著だが、日中外交の動きとは別局面で、中国の女性の日本アニメ愛好は高まっている模様が別途報告されており、東映アニメーションのキャラクターがクールジャパンの国際展開にも寄与することが益々望まれる。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« インドネシアで建機部品販売子会社を開業したトピー工業、中国での製造販売を強化、メキシコも | トップページ | 少額投資非課税制度(NISA)口座開設事務業務の繁忙も業績寄与するアグレックス »