最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 曙ブレーキ工業、国内は減収減益、海外は米亜欧共に増収増益 | トップページ | インドネシアで建機部品販売子会社を開業したトピー工業、中国での製造販売を強化、メキシコも »

2014年3月 4日 (火)

「なでしこ銘柄」を発表、経済産業省・東証共同で

弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
B Site: http://sanaripatent.blogspot.com
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
経済産業省(経済産業政策局経済社会政策室)発メー-ルで、平成25年度「なでしこ銘柄」の選定結果が報知された。東証1部上場企業の中から、女性が働き続けるための環境整備など、女性人材の活用を積極的に進めている企業を紹介する趣旨で、国際石油開発帝石、カルビー、東レ、武田薬品工業、ブリヂストン、旭硝子、ジェイエフイー、住友金属鉱山、LIXIL、IHI、日立製作所、日産自動車、ニコン、トッパン・フォームズ、大阪瓦斯、東急電鉄、日本郵船、ANA、KDDI、三菱商事、ローソン、三菱UFJフィナンシャル、野村、東京海上、オリックス、ツクイが選ばれた。
佐成重範弁理士所見→女性の潜在的知的財産開発能力発揮を活発にする契機ともなる。上記選定は、一部上場企業の各業種ごとに、女性のキャリア支援と、仕事と家庭の両立支援の二つの側面からスコアリングした結果と説明しているが、各企業の措置の具体的内容を詳報されることを望む。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

« 曙ブレーキ工業、国内は減収減益、海外は米亜欧共に増収増益 | トップページ | インドネシアで建機部品販売子会社を開業したトピー工業、中国での製造販売を強化、メキシコも »