最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「企業価値の創造に向けて4つの価値の増大」大阪ガスのオーダーメイドエネルギー | トップページ | 国際緊張下の中国、国内政争のタイの市場でも、江崎グリコ製品の好評 »

2014年1月27日 (月)

総合金融機能のリコーリース、経済成長路線の展開に即応

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

リコーリースは先日(2014-01-24)、「介護サービス事業者への融資債務保証」と副題して「大阪シティ信用金庫との業務提携に関するお知らせ」を発表したが、変動する内外の社会経済情勢に伴い生起する多様なニーズに即応し、それらの適切な発現・起動を促進する「リース機能」の実例として、先ずその発表内容を要約する→「リコーリースは、大阪シティ信用金庫が行う介護サービス向け融資に対して債務保証を行う業務提携契約を同金庫と締結した。高齢化が進む日本での医療・介護サービスの充実に向け、金融面から介護サービス事業者を支援し、本業に集中できる環境づくりをお手伝いする。リコーリースは、リコー商品を中心とした事務用機器・情報関連機器のリースを主な事業としているが、更に、医療機器のリースを柱に加え、診療所向けには開業資金も融資している。また、リース業務の外延として、集金代行サービスなども行っている。」

リコーリースの広汎な対象分野において、「リース物件が火災などの事故に遭ったらどうなる?」という設問に対しても、「リコーリースは、リース契約期間中は動産総合保険を付保しており、顧客が別途、リース物件にに関する保険に加入する必要はない」などリコーリースリース契約の価値を示している。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください) 

 

« 「企業価値の創造に向けて4つの価値の増大」大阪ガスのオーダーメイドエネルギー | トップページ | 国際緊張下の中国、国内政争のタイの市場でも、江崎グリコ製品の好評 »