最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 大発会に昨年初来安値更新銘柄は無く高値更新は277銘柄、例えばビックカメラ | トップページ | 明日香村振興公社の逸品農産品オーナー制度のビジネスメソッド »

2014年1月10日 (金)

来る17日、産業構造審議会商務流通情報分科会のIT利活用ビジネス

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

経済産業省発メールによれば、同省は来る17日、産業構造審議会商務流通情報分科会のIT利活用ビジネスに関するルール整備ワーキンググループの第1回会合を開催し、「電子商取引等に関する準則の改定案」を検討する。所管は産業情報政策局情報経済課。

現行の同準則は、2013年9月に改定されたもので、冒頭に「法令は、それが制定・改正された当時における技術を前提としている。このため、新たな技術の登場は、法令の規律が前提としていた紛争実態などの事実に変化をもたらす。この結果、技術の進歩に応じた柔軟な法令解釈が求められると共に、こうした解釈では対応できない事項については、新たな法令の構築が求められることとなる」と述べている。

佐成重範弁理士所見→[IT利用ビジネスはC2Cビジネスの拡大・多様化により企業ビジネスから生活者ビジネスに展開し、また、IT取引とリアル取引の融合、グーグルによるウエアブルIT新機器の急速普及などIT機器の革新を齎している。それらは、信用取引の新たな一環を形成し、プライバシー保護の新たな局面を現出するなど、経済産業省行政の機動的発動を要請ビジネスものである。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください) 

« 大発会に昨年初来安値更新銘柄は無く高値更新は277銘柄、例えばビックカメラ | トップページ | 明日香村振興公社の逸品農産品オーナー制度のビジネスメソッド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大発会に昨年初来安値更新銘柄は無く高値更新は277銘柄、例えばビックカメラ | トップページ | 明日香村振興公社の逸品農産品オーナー制度のビジネスメソッド »