最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« イノベーション集積広域としての「規制改革特区」について伊藤元重東大大学院教授論考 | トップページ | 関西商法発揮して上新電機のビジネスモデル革新と経済産業省表彰 »

2013年11月 1日 (金)

システム構築・クラウド提供のNECネッツエスアイ、顧客サポート強化で増収増益

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

産業構造の変革に対応する企業構造改革の進捗は、システム構築・クラウド提供の顧客ニーズに即応するサービスの需要を著増し、関連して、NECネッツエスアイ株が年初来高値を更新して2517 円に達し(2013-11-01前場)4月安値1725円の45.9%高に及んだ。

NECネッツエスアイの株主構成でNEC38.3%だが、「一般企業・通信会社向けにシステム構築やクラウドを提供。通信工事も」と特色付けられ(会社四季報)、「携帯電話事業者の投資抑制に加えて、海底地震観測システムも一巡だが、全般企業向けは、オフィス改革への支援を軸として順調であり、消防無線のデジタル化案件の寄与も継続している。7期連続して増益基調・増配」(同)と高評価されている。加えて、「顧客サポート強化のためキューアンドエー社を連結し、同社傘下の第一アドシステムを統合し、自社本社・地方拠点のオフィス改善も実施している」(同)から、自社革新を先ず顕示し、一般企業ネットワーク・キャリアネットワーク・社会インフラの新たな構築に寄与を拡大の実績が展開されつつある。

特に咋月末(2013-10-28)、「NECネッツエスアイ、コミュニケーションプラットフォームを提供開始」と題し、「ビデオ・音声・テキストチャット・ファイル転送を組合せ」と副題し、「災害時のリアルタイム現場把握にも活用可能」と再副題して、スマホやタブレットの新たな活用局面を提示していることは、広汎な関心を喚起していると考える。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com mail下さい)

 

« イノベーション集積広域としての「規制改革特区」について伊藤元重東大大学院教授論考 | トップページ | 関西商法発揮して上新電機のビジネスモデル革新と経済産業省表彰 »