最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 官庁・企業ともに高質・低コストの福利厚生外部委託が合理的 | トップページ | 「グローバル人材」の想定差:今次内閣知財戦略・KDDI・ダイヤモンドオンライン »

2013年8月 8日 (木)

横河電機、英国向け等、制御機器が活発

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

工業計器首位で、海外比率6割を超えている横河電機株が年初来高値を更新して1407円に達し(2013-08-08前場)、4月安値852円の65.1%高に及んだ。「英国最大級の大型ガス貯蔵設備向け制御システムを受注」(2013-07-17発表)、「インドネシア・バリ島の浄水場向け制御システムを受注」(2013-07-15発表)など、海外諸国のインフラ制御に、最近も活発な活動である。

上記の英国事業は、横河電機の子会社・ヨコガワ・ユナイテッド・キングダムが、英国大手電気事業者SSE Hornsea Ltd.から、英国北東部ヨークシャー州所在のガス貯蔵設備の更新プロジェクトに向けて、制御システムと安全計装システムを受注したもである。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com mail下さい)

 

« 官庁・企業ともに高質・低コストの福利厚生外部委託が合理的 | トップページ | 「グローバル人材」の想定差:今次内閣知財戦略・KDDI・ダイヤモンドオンライン »