最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« キャノン電子(酒巻 久社長)、軽量・高速・高精細プリンタ一体型ハンディ新端末を発売 | トップページ | トピー工業の子会社・天津トピー機械有限公司が始業、続いてインドネシア・メキシコに新設 »

2013年8月31日 (土)

電子制御横編機世界首位の島精機製作所は株主贈呈にも特許メロンパン

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

全自動手袋編機の開発を創業の原点として、島精機製作所は半世紀余を経たが、コンピュータ横編機、デザイン編みシステムへと、世界未踏の領域を開拓し、電子制御横編み機の世界最大手として、国内9割、海外6割の高シェアをもって、売上高海外比率85%という見事な国際的地位を樹立した。

その島精機製作所の株主優待贈呈品目録が届いたが、真っ先にリストアップしているのが、ピノチオの製法特許による「膨らむ魔法の冷凍パン」(ブーランジュリーピノキオ)で「冷凍のまま、予熱したオーブンで約15分。世界初の製法(特許)で膨らみながら焼きあがる」という特許製品であることも、技術開発の島精機製作所に相応しい。メロンパンとデニッシュチョコの組合せが、高貴品・自家製品をも消費に加味する時流に迎合している。

翻って、島精機製作所の主力市場・中国では、欧米向けボリュームゾーン商品の短納期発注の増加に対応して、香港の大手ニットメーカーを中心に、広東省エリアの主力工場に加え、アセアン諸国向け売上も拡大し、東洋の巨大市場に、技術とデザインの日本文化を傾注し、これが更に欧米に到ることの意義の重要性を、国民としても再認識すべきである。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com mail下さい)

« キャノン電子(酒巻 久社長)、軽量・高速・高精細プリンタ一体型ハンディ新端末を発売 | トップページ | トピー工業の子会社・天津トピー機械有限公司が始業、続いてインドネシア・メキシコに新設 »