最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 在来ディスプレイへの過度な依存を避け、日本電気硝子の「高度医療領域等」展開 | トップページ | 東洋紡、フィルム・機能樹脂事業における逆転の発想、韓国企業と合併で中国展開など »

2013年7月 3日 (水)

癌細胞破壊における健全細胞破壊の副作用極減など、島津製作所の待望新製品続出

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

島津製作所の今次業績報告は従来にも増して、次世代のグローバル技術を想定させる輝きと希望に満ちた多数の技術トピックスを解説しているが、引続き昨日(2013-07-02)にも、「呼吸性移に対応し、がん組織へのピンポイント照射を支援する放射線治療装置用動体追跡システム「SyncTraX」を発売―放射線照射体積を従来の1/21/4に縮小し、正常領域への照射を大幅低減」と題して、「ターゲットの動きを捉え、ピンポイント照射を支援」「動きを伴う臓器にある腫瘍のピンポイント照射を支援」「腫瘍近傍の金マーカーを追跡し、照射タイミングを信号送信」「より高精度な治療を支援」「3ポジションの方向から選択可能」「最大3個までの金マーカーに対応し追跡精度を向上」「高感度、ワイドダイナミックレンジX線検出器を採用し動体追跡性能を向上」「速い動きも見逃さず追跡」「治療装置と連携してスムーズな治療を支援」「スムーズなマーカー登録から治療まで」の各項目にわたり、現在最も希求されている「がん治療諸作用の標的的中精度」に関する画期的イノベーションを齎すものと期待される。

既に今次報告においても、「1台で頭部・心臓・腹部・四肢まで、全身をカバーできるX線血管撮影装置を発売」「革新的なプラズマ技術を用いた高感度ガスクロマトグラフシステムTraceraを発売」等々、年間10数件に及ぶ新製品発売発表は、例えば、抗癌剤や放射線治療における癌細胞周辺健全細胞の破壊に悩む現在の医学・薬学会、世界の癌患者に、大きな福音を齎す。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com mail下さい)

« 在来ディスプレイへの過度な依存を避け、日本電気硝子の「高度医療領域等」展開 | トップページ | 東洋紡、フィルム・機能樹脂事業における逆転の発想、韓国企業と合併で中国展開など »