最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 新日鉄住金とポスコとの特許訴訟 | トップページ | スカイマーク、ニューヨーク就航においては新ビジネスモデル »

2013年6月12日 (水)

三井金属鉱業「攻めの経営」機能材料事業と特許発明現況

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT 

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

三井金属鉱業の仙田貞雄社長は、今次総会招集の挨拶において、今後の「攻めの経営」の特に大きな要素として先ず「機能材料事業」(マンガン酸リチウムの容量・出力・長寿命による電気自動車市場での制覇、アジア四輪車市場へも排ガス用触媒拡販)を挙げ、次いでアジア新興国での地産地消、次いでチリの銅・モリブデン開発を強調している。

機能材料について研究開発は益々活発で、今年に入ってから特許庁公開された三井金属鉱業の発明件数は38件を数える(2013-06-12現在の特許庁公開三井金属鉱業発明総件数は3894) 例えば、

1. 電解銅合金箔およびキャリア箔付電解銅合金箔(特許庁公開日2013-06-16)→レーザー加工性に優れ、かつ、その後のエッチングにおいて、厚さ方向で均一なエッチング速度が得られる電解銅合金箔を提供する。

2. 酸化ガリウム-酸化亜鉛系スパッタリングターゲットおよび酸化アルミニウム-酸化亜鉛系スパッタリングターゲット(特許庁公開日2013-05-23)→PbおよびCdのすくなくとも一方を含有することを特徴とする酸化ガリウム-酸化亜鉛系スパッタリングターゲットおよび酸化アルミニウム-酸化亜鉛系スパッタリングターゲットを提供する(低温焼結温度においても高焼結密度を得る)。

3. 銀被覆銅粉(特許庁公開日2013-05-13)→より一層優れた導電性を発揮できる銀被覆銅粉を提供する。

4. 硫化第二銅粒子およびその製造方法(特許庁公開日2013-05-13)→塗料や樹脂混練物に含有させた場合に、塗膜や樹脂成形体の導電性を高めつつ、平滑性や赤外線遮蔽能を高めることができる硫化第二銅粒子を提供する。

佐成重範弁理士所見→電気自動車の本格的普及が想定以上に遅れており、現内閣の経済成長戦略の遅れが起因している。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com mail下さい)

 

« 新日鉄住金とポスコとの特許訴訟 | トップページ | スカイマーク、ニューヨーク就航においては新ビジネスモデル »