最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 堀場製作所、電気自動車またはハイブリッド電気自動車関連発明も特許庁公開 | トップページ | パソコンサービスのモジュレ(JASDAQ)、システム構築受託活況 »

2013年2月21日 (木)

コムシスHD、ソフトバンクのプラチナ、ドコモのLTEなど「つながり」の革新を支えて

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

ソフトバンクにもドコモにも親しいコムシスHD(東証1部)が咋年初来高値を更新して1189円に達し(2013-02-20)、咋11月安値917円の29.7%高に及んだ。コムシスHDは、「電気通信工事で最大手。ネットワーク構築に強み。日本コムシスが三和エレック等を統合」と特色付けられ(会社四季報)、「急進。柱の通信工事は、ドコモのLTEやソフトバンクのプラチナバンド関連のほか、地下鉄開発など、携帯キャリア向けが想定超。受注残が多く、増益幅拡大。20143月期も携帯各社のLTE投資継続が寄与し、営業増益」(同)と高評価されている。加えて、「電気通信各社からの保守運用を含めた受注の拡大を見据えて、専門部署を設立。新規事業としての太陽光発電は、群馬等でも事業化を検討。自己株取得を今期末までに20億円上限で実施し、その後も継続実施」(同)、業容を積極的に拡大する。

コムシスHDは先日(2013-02-12)、第3四半期報告を発表したが、売上高20690600万円で前年同期比4.6%増、経常利益1277400万円で2.6倍に達した。経営環境については、「スマホやタブレット端末の普及に伴い、通信事業者間の競争は熾烈化しており、LTEWi-Fiなどのサービスエリアの拡大およびサービスの多様化・高度化に向けた通信ネットワーク環境の構築・整備が急速に進んでいる」と述べたが、相槌を打つ如く、朝日新聞(2013-03-20)は、NTTドコモの新技術「LTEアドバンスト」等について詳報している。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« 堀場製作所、電気自動車またはハイブリッド電気自動車関連発明も特許庁公開 | トップページ | パソコンサービスのモジュレ(JASDAQ)、システム構築受託活況 »