最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 日本ドライケミカル、来月15日の東証IRフェスタ2013にも出展 | トップページ | 駐車場総合研究所、独自創案手法で車室稼動率を最大化 »

2013年1月23日 (水)

クックパッド、ネットレシピ演出の創意とスマホ普及と店頭連携と

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

料理サイトのクックパッド(東証2部)が咋年初来高値を更新して2796円に達し(2013-01-22)、咋7月安値2013円の38.9%高に及んだ。「料理レシピ専門サイトの最大手。パソコン、ケータイ向け運営。有料会員に加え、広告、販促支援が収益源」と特色付けられ(会社四季報)、「最高純益。主力の料理レシピサイトは、スマホの普及が追い風で、有料会員が右肩上がり。販売手法の多様化が奏功し、パソコン向けが主体の広告出稿数も拡大。単価も大幅上昇。エンジニア中心の人員負担増などをこなし、最高益を更新」(同)と高評価されている。加えて、「特売情報提供サイトと提携。スーパー等の店頭商品とレシピサイトと連動し、相互にユーザーの獲得を狙う。スマホの比率が高まっているが、当面、広告掲載は見送り、使い易さを優先する」(同)と、料理業界におけるビジネスメソッドのイノベーションと多様化に顕著な成果を収めつつある。

クックパッドのHPも、「食べ過ぎリセット」など、表現の創出が秀抜で、「野菜中心の食生活」など、グルメ営業の料理営業には違和感だが、糖尿病・肥満病の国民経済ロスを軽減する国策適合の好演出と評価する。「献立から探す」のコーナーも、「節約献立」「スピード献立」「太らない献立」など、引力に富む。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« 日本ドライケミカル、来月15日の東証IRフェスタ2013にも出展 | トップページ | 駐車場総合研究所、独自創案手法で車室稼動率を最大化 »