最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「ミサワホーム中国」の地域振興寄与、新たな展開を広島駅前再開発にて | トップページ | 巴コーポレーション、総合建設、立体構造、鉄塔、橋梁、鉄骨の各領域に新技術発揮 »

2013年1月18日 (金)

ウエストホールディングス、産業向けメガソーラが急拡大

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

太陽光発電のウエストホールディングス(JASDAQ)が咋年初来高値を更新して1679円に達し(2013-01-17)、咋7月安値1355円の23.9%高に及んだ。「住宅リホームから出発し、太陽光に重点を移行し、全国に展開。提携に積極的。戸建て、開発事業は撤退」と特色付けられ(会社四季報)、「急拡大。太陽光発電はヤマダ電機経由の既存住宅向け施工が横這い圏だが、ビルダーと組んだ新築向けの販売が拡大。工場・店舗など、産業向けメガソーラが急拡大。技術人の大量増員に伴う先行負担をこなして大幅増益」(同)と高評価されている。加えて、「山田債権回収管理と提携し、担保土地のメガソーラへの利用を検討。自社以外のメガソーラのメンテナンス事業に進出。資金需要旺盛で、調達方法を研究」(同)と、業容拡大のメソッドにも創意・革新が活発である。

新春早々(2013-01-07)にも、「広島県安芸太田町でのメガソーラ発電所(2000kW)の建設」および「広島県東広島市でのメガソーラ発電所(1600kW)の建設」について発表したが、既に2012年7月6日には「茨城県美浦村での「メガソーラ発電所(1600kW)の建設」を発表しており、スマートコミュニティ構築の中核企業となることが望まれる。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

 

« 「ミサワホーム中国」の地域振興寄与、新たな展開を広島駅前再開発にて | トップページ | 巴コーポレーション、総合建設、立体構造、鉄塔、橋梁、鉄骨の各領域に新技術発揮 »