最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« メディネット、免疫細胞による癌治療の福音評価 | トップページ | 「ミサワホーム中国」の地域振興寄与、新たな展開を広島駅前再開発にて »

2013年1月16日 (水)

マツモトキヨシHD、現代人各層の関心とニーズの変遷に即応また誘導する健康美産業

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

ドラッグストア売上高首位のマツモトキヨシHDが咋年初来高値を更新して2150円に達し(2013-01-15)、咋7月安値1711円の25.7%高に及んだ。中小チェーンの買収を繰り返し、FCにも積極的。関東圏に強み」と特色付けられ(会社四季報)、「買収分を含めて店舗純増120。震災影響が薄れ、海外観光客も戻り基調。国内DMが奏功して化粧品が伸長、既存店を牽引。好採算のPB品の比重が増加。光熱費増でも会社計画をやや上回る営業増益。2014年2月期は店舗純増約90.化粧品を軸に、既存店なおも順調」(同)と高評価されている。加えて、「洗髪剤等で高単価品の開発を重視。店頭業務も担う女性社員を開発チームに登用(SANARI PATENT注:ニーズを直接把握し開発に直結するビジネスメソッドが優秀である)、主婦層に訴求できる目玉商品を育成」と、営業・開発一体戦略においても、化粧品需要の年齢構造の推移に即応する戦略においても、不断の深耕が見られる。

佐成重範弁理士所見→マツモトキヨシHDの「美人塾のデリケートスキンケア」、「カラダ憩いのカンタンレシピ」「健康惑星の整腸作用や血糖値調節作用」など、現代人が関心の的とするテーマとニーズに、的確・魅力的ネーミングの訴求表現が、いずれも秀逸である。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« メディネット、免疫細胞による癌治療の福音評価 | トップページ | 「ミサワホーム中国」の地域振興寄与、新たな展開を広島駅前再開発にて »