最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« タカラトミー・キャラクターのグローバル大展開、幼児への影響 | トップページ | カシオ計算機は、知的創造力を高める製品を創造してビジネススタイルを変革 »

2012年12月15日 (土)

明眸皓歯の「歯」を受け持つ「松風」技術の中国展開

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

設立90年余、歯科用材料器具大手の松風(しょうふう:東証1部)の資料が野村IRの紹介で届いた。既に「人工歯に強く、研削材で高シェア。欧米など海外積極展開。ネイル事業も」と特色付けられ(会社四季報)、「主力のデンタル事業は新製品効果で、人工歯類や化工品中心に堅調。円高にも、中国・アジアの伸長が下支え。ネイル事業ものれん償却が続くが、自社製品を強化。創立90周年記念配継続」(同)と高評価されている。

国際歯科連盟が提唱したMiCDというコンセプトがあるが、minimally Invasive Cosmetic Dentistryで、歯への侵襲を極力抑えると共に、美しく仕上げる装美、審美性を付加する概念で、「明眸皓歯」という中国古典の憧れは古今東西変わらず、メディアの発達が一層「真白い歯並」保持の願望・ニーズを強烈にしている。松風は、「できるだけ審美的に、できるだけ健全な歯質を残す「MiCD」を世界中に普及させていきます」と宣言している。患者のみならず、益々精細化するデジタル映像やリアル舞台で、人気を高める政財マスコミ界人材は口元の印象が極めて重要だから、MiCDは世界史全般を誘導する要素の一つと、佐成重範弁理士は評価する。

松風は、「歯科市場の拡大が期待される中国で、更なる拡販を目指す」と述べているが、楊貴妃の明眸皓歯が歴史を動かした中国で、日中友好の歴史の深化に、松風が寄与すること必定である。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

 

« タカラトミー・キャラクターのグローバル大展開、幼児への影響 | トップページ | カシオ計算機は、知的創造力を高める製品を創造してビジネススタイルを変革 »