最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 創業34年、地域密着フリーペーパの中広、拡大のビジネスモデル | トップページ | 新春には、「想到容易性判断」を想定容易にしよう »

2012年12月31日 (月)

ラスクのグローバルな味覚価値を高め地域寄与も大きいシベール

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

名物ラスク全国通販展開の洋菓子メーカーシベール株(JASDAQ)が年初来高値を更新して287000円に達し(2012-12-28)、7月安値270600円の6.1%高に及んだ。「山形・仙台が本拠の洋菓子メーカー。名物のラスクは通販で全国展開。店舗で洋焼き菓子も販売」と特色付けられ(会社四季報)、「店舗販売は新店効果もあり堅調。ラスク通販は、ラスクフランス20周年キャンペーンや、実績のある季節商品を再投入して浮上。原材料高の懸念は有るが、カタログ見直しなど販促費効率化で解消へ」(同)と高評価されている。加えて「今年10月、東京で4店目の麦工房玉川高島屋SC店開店。通販を含めてラスク需要を喚起」と、更に積極的(同)。

シベールの発展過程を見ると、1966年、山形市に洋菓子の店シベールを、初代社長・熊谷真一が個人開業。1970年、山形市に有限会社シベールを設立。1977年、パンを始める。1981年、株式会社に改組。1982年、仙台市に洋菓子店ル・グレン八木山店開設。1993年、山形市に洋菓子店シベール西店開設。1994年、全国単品無店舗型販売・ラスクの通販を開始。1996年、ラスク製造の研究開発のためノートルメチエ研究所を開設。1999年。山形市にラスク製造専用ライン・麦工房を開設。以降、店舗・工房の増設相次いでいる。

佐成重範弁理士所見→2005年に「ふるさと企業大賞」の総理大臣賞を受賞するなど、地域貢献による表彰等を数多く得ているが、SANARI PATENTとしては、「ラスク」のグローバルな間食価値を高揚した世界文化的功績を讃える。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« 創業34年、地域密着フリーペーパの中広、拡大のビジネスモデル | トップページ | 新春には、「想到容易性判断」を想定容易にしよう »