最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« セイコーエプソン、新「カラリオ」プリンタの自在性 | トップページ | NEC報告中、国内IT投資、ネットワーク関連需要、液晶関連特許 »

2012年12月10日 (月)

NTTの「新たなステージ」は「インターネットからインターサービスへ」

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

NTTの上半期報告が届いたが、その進路が多様に表現され、語意の解説も周到である。NTTの「新たなステージ」、「インターネットからインターサービスへ」、「プロバイダーからバリューパートナーへ」、「グローバル・クラウドサービスを事業の機軸に」を理解するために、次の説明・註解が用意されている(SANARI PATENT要約)

1. NTTの事業分野→固定通信分野、移動通信分野、上位レイヤサービス・ソリューションビジネス分野、グローバル事業分野→これらは、NTT鵜浦博夫社長の挨拶で各内容が示されているが、「ソリューション」は、「顧客の抱える課題を抽出し、その解決を可能とするシステムを提供すること」と注期している。読者はむしろ、「上位レイヤサービス・ソリューション」の語義を確認したいのだが、「より充実したクラウドサービス・メニューによるソリューション」と理解され、鵜浦博夫社長は例示として、「写真や動画をネットワークを介してスマホやタブレットなど、様々な端末で閲覧できるフォトコレクションの提供」を挙げている。

2. 「新たなステージ」というのは、「Inter-Serviceの世界」であるが、これは、「インターネット上のサービス、インターネットとリアルのサービス相互が融合した、より付加価値の高いサービス」と定義される。(以下R Site 2012-12-10

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« セイコーエプソン、新「カラリオ」プリンタの自在性 | トップページ | NEC報告中、国内IT投資、ネットワーク関連需要、液晶関連特許 »