最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« J-オイルミルズのAJINOMOTO・サララさらさらブランド、粉末・粒状製品 | トップページ | 芙蓉総合リースの慎重・好調と日中関係 »

2012年11月16日 (金)

韓国のRAON特許事務所がNews Letter創刊

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

サムスンを始め、韓国企業のグローバルな進展が加速している折柄、同国の著名特許事務所RAONから、News Letter を創刊したとして、初号を早速お贈りいただいた。厚く御礼申し上げます。韓国の特許行政も、制度の先進性を旨とし、日欧米の対比のもとに、イノベーション起動の最適先端改正を常に志向し、審議会等に過当な時日を費やすことがない。

今次RAON Letterの内容は例えば(SANARI PATENT要約)、

1. 画像アイコン、ロゴも、意匠として保護する→韓国特許庁は、韓国デザイン産業の競争力強化のため、来る2014年1月1日施行を目途として、意匠保護法を全面改正すると発表した。グラフィックデザインのような二次元的視覚デザインの開発と、産業界での活用が拡大し多様化されるデザイン業界の環境変化を反映して、その間、意匠保護法で保護が受けられなかったり、保護が不十分だった画像アイコン、ロゴなど二次元的グラフィックデザインも、権利として保護を受けられるようにする計画である。液晶画面がある全てのIT製品に権利が及ぶこととなる。

2. 超音波画像診断機器のスマート化→韓国特許庁は、疾病の早期診断に対する関心が高まりつつある折柄、内国人の出願主導で超音波機器の国内特許出願が、依然として増加しつつあると述べた。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

 

« J-オイルミルズのAJINOMOTO・サララさらさらブランド、粉末・粒状製品 | トップページ | 芙蓉総合リースの慎重・好調と日中関係 »