最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 太陽HDのフォトリオグラフィ技術・絶縁技術、導電技術のグローバル市場活躍 | トップページ | マンション知財としてのマンション判例における役員行動のノウハウ »

2012年11月 3日 (土)

オプト、売上直結の化粧品・美容・健康食品の新ネット広告

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

ネット広告の専業代理店オプト(JASDAQ)が年初来高値を更新して107,900円に達し(2012-11-02)4月安値90,000円の20.0%高に及んだ。「業界2位。2008年、電通の傘下入り。不動産・金融分野などが得意」と特色付けられ(会社四季報)、「パソコン広告はコスメ、不動産が堅調。スマホ向けリスティング広告が想定超。人件費増こなし営業益増額。201312月期はテーゲティング広告配信が貢献」(同)と高評価されている。加えて、「広告データを分 析、加工してマーケティングに役立てるデータベース事業を推進。アドネットワーク強化のため運用コンサルティング会社を子会社化」(同)など、新局面への展開にも積極性を発揮している。

オプトの鉢嶺 登社長は、「オプトの強みは何といっても、人材と風土です。社員一人一人がみずからの責任において行動し、判断できる。その組織体こそが最強であり、オプトの成長の要因です。それらの基盤があってこそ、現在の業界No.1効果測定システムや、Yahoo!JAPANとの強いリレーション、強力な営業力があります。オプトは、21世紀の花形産業となるインターネットビジネスに挑戦する企業を、マーケティング面からサポートし先導する、真のeマーケティングカンパニーを目指します」と、その経営理念を述べているが、昨日(2012-11-02)発表した「薬事広告コンサルティングサービスを提供~化粧品・美容・健康食品のネット広告について媒体掲載基準をクリアし、ランディングページを最適化」にも、「売上に直結するeマーケティング」のコンセプトが、「費用対効果」最大化の約束をもって現出している。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« 太陽HDのフォトリオグラフィ技術・絶縁技術、導電技術のグローバル市場活躍 | トップページ | マンション知財としてのマンション判例における役員行動のノウハウ »