最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« SHO-BI、販路開拓とメーカー機能構築の軌跡 | トップページ | カプコン、人気ソフトの相乗展開、デジタルゲームの実写ドラマ化など »

2012年11月21日 (水)

エーザイは赤色包装を無色透明包装にイノベーション

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

肥満症薬・抗てんかん薬の新薬承認取得で各米国・欧州で発売するエーザイの、上半期報告が届いた。エーザイは、「神経系・消火器系に強み。認知症薬・抗潰瘍薬を世界展開。米MGI買収で癌関連分野に注力」と特色付けられ(会社四季報)、「抗癌剤は乳癌新薬を軸に伸長。米国で肥満症薬、欧州で、抗てんかん薬が承認取得。ともに今期発売へ」(同)と高評価されている。今次報告でエーザイ内藤晴夫社長は、「売上高は、新製品群が着実に伸長する一方、市場環境の激化、薬価改定などで、アルツハイマー型認知症治療薬、プロトンポンプ阻害薬について売上高減したが、癌関連領域製品や、てんかん領域製品の欧州発売製品が伸長した。営業利益は、全社での費用効率化などにより、対前期比・同水準を維持している」旨を述べた。

エーザイは先日(2012-11-19)、「赤色の包装シートを、中身が見易い無色透明に変更しました」と題して次のように発表したが(SANARI PATENT要約)、些細な事のように見えて、実は重要な医療イノベーションであると、SANARI PATENTは評価する。

1. 一般的に薬は、直接日光が当たらないところに保管するように注意されているが、特に光の影響を受け易い薬の場合、錠剤を包装するシートには遮光機能を持つ赤色系プラスチックが使用される。しかし、赤色系のシートは色が強烈で、外から錠剤の色や文字が見え難い。

2. 従ってこの度、安全・安心な処方に貢献するため、新たに、無色透明でも遮光するプラスチックを用いたシートを用いることとした。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« SHO-BI、販路開拓とメーカー機能構築の軌跡 | トップページ | カプコン、人気ソフトの相乗展開、デジタルゲームの実写ドラマ化など »