最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 乳酸菌に特化、米国でも需要増大のビオフェルミン | トップページ | Visual SolutionのアマナHD、香港で広告制作開始 »

2012年10月12日 (金)

独立系System Integrator コムチュアのクラウド構築活況

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

Group Ware主力のコムチュア(JASDAQ)が年初来高値を更新して946円に達し(2012-10-11)4月安値478円の97.9%高に及んだ。ほとんど倍額である。E-Words.は、System Integrationを次のように適切に解説している。

「顧客の業務内容を分析し、問題に合わせた情報システムの企画・構築・運用などを一括して行うこと。システムの企画・立案からプログラムの開発、必要なハードウェア・ソフトウェアの選定・導入、完成したシステムの保守・管理までを総合的に行う。」

コムチュア自身は、「クラウド時代をコラボレーションでリードするコムチュア」を、次のように自己紹介している。

「全ての人がネットワークでつながる時代。企業において、組織と個人をつなげるリアルなコミュニケーションがかすます必要になってまいりした。このコラボレーション力が、企業の生産性の向上と競争力強化をもたらします。自社製品・自社技術を通じて。企業の成長を支えることがコムチュアの使命です。」

今後の抱負をコムチュアは、「現在を第三創業期と位置づけ、「クラウド時代をコラボレーションでリードするコムチュア」を経営ビジョンとし、量的な拡大を狙うだけでなく、質的な向上に軸足を置いた経営を進め、次のステージに備えながら、持続的な成長を目指している」と述べている。

佐成重範弁理士所見→創業27年余のコムチュアの増益幅拡大を見ると、シャープその他のIT大型株の低落に感慨する。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にメール下さい)

« 乳酸菌に特化、米国でも需要増大のビオフェルミン | トップページ | Visual SolutionのアマナHD、香港で広告制作開始 »