最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 日揮サウジアラビア法人が石油化学新設備受注 | トップページ | 100円ショップのセリアが独自発想で最高益 »

2012年10月 8日 (月)

ネット上・仕事マッチングのファンコミュニケーションズ好調

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

成功報酬型ネット広告のファンコミュニケーションズ株(JASDAQ)が年初来高値を更新して132,600円に達し、4月安値93,000円の41.9%高に及んだ。「ネットのアフィリエイト(成果報酬型)広告サービス運営。業界首位級。独立系」と特色付けられ(会社四季報)、「パソコン向け広告は堅調。スマホ向けの伸びが想定超で営業増益幅拡大。最高益」と高評価()されている。

ファンコミュニケーションズの海外展開を担う会社として、同社は、アドジャポンを2012年3月に設立したが、早速、昨月(2012-09-20)には、「アドジャポンがOeya社と業務提携~アフィリエイト広告ネットワークの相互利用が可能に」と題して、次のように述べている(SANARI PATENT要約)

1. アドジャポンは、台湾のOeya社と業務提携し、それぞれが運営するアフィリエイト広告ネットワークの相互利用を推進することとなった。これにより今後、ファンコミュニケーションズグループの顧客が海外向けプロモーションを行う際に、Oeya社が運営するアフィリエイト広告ネットワークを活用することが可能になり、また、Oeya社の顧客が日本向けのプロモーションを行う際には、ファンコミュニケーションズが運営するアフィリエイトネットワークやアドネットワークを活用した広告プロモーションが可能になった。

2. Oeya社は、台湾最大規模のアフィリエイトサービスプロバイダーで、中心となるマーケットは台湾で、中国への配信も手掛けている。

佐成重範弁理士所見→シャープと台湾企業との提携交渉は難航だが、この、アフィリエイトサービスプロバイダー間提携は順調と考える。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にメール下さい)

« 日揮サウジアラビア法人が石油化学新設備受注 | トップページ | 100円ショップのセリアが独自発想で最高益 »