最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 100円ショップのセリアが独自発想で最高益 | トップページ | 乳酸菌に特化、米国でも需要増大のビオフェルミン »

2012年10月10日 (水)

エムスリーの医療サイト知財、英米韓等に展開

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

医療サイト運営のエムスリー(東証1)が年初来高値を更新して152,700円(3分割後)に達し、4月安値100,167円(3分割前換算)の52.4%高に及んだ。医療情報専門サイトm3.com

を運営し、「非公開の医師求人ならagent.m3.comへ」と標榜し、「医療機関が公にできない求人だからこそ、条件の幅もひろがります」、また、「公式エムスリーキャリア薬剤師向けpcareer.m3.comについては「年収500万円から740万円にアップ!など、好条件限定の非公開法人も」と謳って、医療分野の全国民的ニーズ充足に貢献しているが、「利益の大半を稼ぐ医療ポータル「MR君」は、大手製薬会社との契約を通じて更に拡大。薬剤師等の紹介も伸長」と高評価(会社四季報)されている。

医療分野のニーズ充足はグローバルに共通の課題だから、英国での買収5社を始め、米国・韓国などにおいて、エムスリーのビジネスメソッド展開は奏功すると、SANARI PATENTは予想する。

佐成重範弁理士所見→エムスリーの3つのMは、MedicineMediaMetamorphosisを示し、インターネットというメディアを活用して医療の世界を変革する、と会社の抱負を述べているが、一方、内視鏡等に進出するソニーも、「ソニーグループのM3が提供する、20万人以上のの医師登録」を誇り、相まってグローバルな福祉への寄与が期待される。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にメール下さい)

« 100円ショップのセリアが独自発想で最高益 | トップページ | 乳酸菌に特化、米国でも需要増大のビオフェルミン »