最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 高剛性・低騒音を実現する、エンプラスのプラスティックギアソリューション | トップページ | 持田製薬の新薬・後発薬両面並進戦略 »

2012年10月17日 (水)

協和発酵キリン、韓国協和発酵キリン株式会社を完全子会社化

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

キリン傘下で医薬品・バイオが主力の協和発酵キリン(東証1)が年初来高値を更新して970円に達し(2012-10-17)4月安値837円の15.9%高に及んだ。「独自の抗体高活性化技術に強み。富士フィルムと提携」と特色付けられ(会社四季報)、「アミノ酸輸出が堅調。腎性貧血薬が他社新製品の浸透遅れに助けられる。大塚製薬と糖尿病および癌領域の新薬開発で提携。増益幅拡大」と高評価()されている。先月(2012-09-26)、「韓国協和発酵キリン株式会社の完全子会社化」と題して次のように発表(SANARI PATENT要約)するなど、海外(現21%)比重も高めつつある。

「協和発酵キリンは、2012-09-21付けで、韓国における医療用医薬品の開発および販売を行っている子会社・韓国協和発酵キリン株式会社の株式をJeil Pharmaceuticalから買取り、完全子会社化した。協和発酵キリンは、グループ一体となってグローバルスペシャリティファーマとしての成長を目指す。」

生活者向けの医学解説は、ビール販売の親しさ並みに優しく。例えば、「腎臓は、あなたの体を正常な状態に保つ働きを持つ、大切な臓器です」として、「腎臓は、そら豆のような形をした握りこぶし位の大きさの臓器で、腰のあたりに左右対称に2個あります。腎臓は、老廃物を体から追い出す、血圧を調節する、血液をつくる司令官、体液量・イオンバランスを調節する、強い骨をつくる!、以下詳説している。

佐成重範弁理士所見→協和発酵キリンの解説は、中高生にとっても興味深く実生活に適する表現である。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にメール下さい)

« 高剛性・低騒音を実現する、エンプラスのプラスティックギアソリューション | トップページ | 持田製薬の新薬・後発薬両面並進戦略 »