最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 小糸製作所、主力の自動車照明器事業が大幅増収、地域別と今後 | トップページ | 住資産のリメイク・アップメイクを担う日本ERI »

2012年10月28日 (日)

靴を起点として世界のライフスタイル創造を目指すABC-MART-MART

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

靴ブランド総合サイトABC-MARTのエービーシー・マート株(東証1部)が年初来高値を更新して3515円に達し(2012-10-26)、4月安値2861円の22.9%高に及んだ。「靴小売専門店ABC-MARTを全国展開。スポーツ、レディス向け強化中。韓国・台湾にも展開」と特色付けられ(会社四季報)、「都市部の旗艦店は外国人客回復が後押しし、既存店堅調。在庫も低水準。アウトドア向けブーツの米国ラクロス社を8月に完全子会社。米国外販売比率が7%程度と低く、国内・アジア展開の余地大。増配」(同)と高評価されている。

社歴を見ると、1985年に新宿区に国際貿易商事を設立。翌年、HAWKINSの代理店となり、1987年、インターナショナル・トレーディング・コーポレーションと社名変更。1990年、ABC-MART設立。翌年、VANSの国内総代理店となる。1998年、エア・ライト・トラベラーを展開、ビジネス・ウォーキング・シューズ市場を開拓。2000年、レザースニーカーHAWKINS SORTを展開。2002年、ABC-MARTを吸収合併し、卸売から小売へ業種転換を開始。韓国法人を設立。2004年、WOrld Sports Plazaの営業譲受、スポーツアパレルの取扱を始め、卸売事業はやめる。2012年、米国LaCrosse社を買収し完全子会社化。

佐成重範弁理士所見→「靴を中心とした、ライフスタイル創造企業から、世界のシューズストアABC-MARTへ」と経営目標を掲げているが、その具体的過程は、上記社史に見るように、時流に先駆けて業容の革新を機敏に現出している。この頭脳の溌剌が業績に反映している。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

 

 

 

靴を起点として世界のライフスタイル創造を目指すABC-MART-MART

 

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

 

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

 

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 

Twitter http://twitter.com/sanaripat

 

靴ブランド総合サイトABC-MARTのエービーシー・マート株(東証1部)が年初来高値を更新して3515円に達し(2012-10-26)、4月安値2861円の22.9%高に及んだ。「靴小売専門店ABC-MARTを全国展開。スポーツ、レディス向け強化中。韓国・台湾にも展開」と特色付けられ(会社四季報)、「都市部の旗艦店は外国人客回復が後押しし、既存店堅調。在庫も低水準。アウトドア向けブーツの米国ラクロス社を8月に完全子会社。米国外販売比率が7%程度と低く、国内・アジア展開の余地大。増配」(同)と高評価されている。

 

社歴を見ると、1985年に新宿区に国際貿易商事を設立。翌年、HAWKINSの代理店となり、1987年、インターナショナル・トレーディング・コーポレーションと社名変更。1990年、ABC-MART設立。翌年、VANSの国内総代理店となる。1998年、エア・ライト・トラベラーを展開、ビジネス・ウォーキング・シューズ市場を開拓。2000年、レザースニーカーHAWKINS SORTを展開。2002年、ABC-MARTを吸収合併し、卸売から小売へ業種転換を開始。韓国法人を設立。2004年、WOrld Sports Plazaの営業譲受、スポーツアパレルの取扱を始め、卸売事業はやめる。2012年、米国LaCrosse社を買収し完全子会社化。

 

佐成重範弁理士所見→「靴を中心とした、ライフスタイル創造企業から、世界のシューズストアABC-MARTへ」と経営目標を掲げているが、その具体的過程は、上記社史に見るように、時流に先駆けて業容の革新を機敏に現出している。この頭脳の溌剌が業績に反映している。

 

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

 

 

 

 

 

 

靴を起点として世界のライフスタイル創造を目指すABC-MART-MART

 

弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT

 

B Site http://sanaripatent.blogspot.com

 

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 

Twitter http://twitter.com/sanaripat

 

靴ブランド総合サイトABC-MARTのエービーシー・マート株(東証1部)が年初来高値を更新して3515円に達し(2012-10-26)、4月安値2861円の22.9%高に及んだ。「靴小売専門店ABC-MARTを全国展開。スポーツ、レディス向け強化中。韓国・台湾にも展開」と特色付けられ(会社四季報)、「都市部の旗艦店は外国人客回復が後押しし、既存店堅調。在庫も低水準。アウトドア向けブーツの米国ラクロス社を8月に完全子会社。米国外販売比率が7%程度と低く、国内・アジア展開の余地大。増配」(同)と高評価されている。

 

社歴を見ると、1985年に新宿区に国際貿易商事を設立。翌年、HAWKINSの代理店となり、1987年、インターナショナル・トレーディング・コーポレーションと社名変更。1990年、ABC-MART設立。翌年、VANSの国内総代理店となる。1998年、エア・ライト・トラベラーを展開、ビジネス・ウォーキング・シューズ市場を開拓。2000年、レザースニーカーHAWKINS SORTを展開。2002年、ABC-MARTを吸収合併し、卸売から小売へ業種転換を開始。韓国法人を設立。2004年、WOrld Sports Plazaの営業譲受、スポーツアパレルの取扱を始め、卸売事業はやめる。2012年、米国LaCrosse社を買収し完全子会社化。

 

佐成重範弁理士所見→「靴を中心とした、ライフスタイル創造企業から、世界のシューズストアABC-MARTへ」と経営目標を掲げているが、その具体的過程は、上記社史に見るように、時流に先駆けて業容の革新を機敏に現出している。この頭脳の溌剌が業績に反映している。

 

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 小糸製作所、主力の自動車照明器事業が大幅増収、地域別と今後 | トップページ | 住資産のリメイク・アップメイクを担う日本ERI »