最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 中国においても、洋食化でパン・キューピー製品需要が急増 | トップページ | セントケアHD、介護関連の諸分野に幅広く参画・関与する意欲 »

2012年9月27日 (木)

TOWは自動車メーカーの各種発表会・飲料メーカーのスポーツ関連受注増


デジタル・プロモーション業務をフックとしてリアル・プロモーションとの統合提案
弁理士 SANARI Shigenori Google検索 SANARI PATENT
B Site http://sanaripatent.blogspot.com
R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter http://twitter.com/sanaripat
イベント企画大手・TOWの総会報告が届いた。スカイツリー関係、スマホ関連も好調の模様である。カテゴリー別には、次のように報告している(SANARI PATENT要約)。
1. 広報→自動車メーカーの各種発表会や、飲料メーカーによるオリンピック関連案件の受注により、売上高が前年度比42.2%増となった。
2. 販促→嗜好品メーカーや情報通信各社のプロモーションが予想以上に好調で、売上高は前年度比25.8%増した。
3. 制作物→化粧品メーカーのWeb制作や販促グッズ、飲料・嗜好品メーカーの受注が好調に推移し、売上高は前年度比62.2%増した。
佐成重範弁理士所見→今後の課題として、「デジタル・プロモーション業務をフックに(SANARI PATENT注:「釣り針として」の意味と解する)、リアル・プロモーションとの統合提案を積極的に推進する」と述べているが、これは流通業界共通の課題として、TOWの成果に注目すべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にメール下さい)

« 中国においても、洋食化でパン・キューピー製品需要が急増 | トップページ | セントケアHD、介護関連の諸分野に幅広く参画・関与する意欲 »