最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« TOWは自動車メーカーの各種発表会・飲料メーカーのスポーツ関連受注増 | トップページ | 真空技術のアルバックは、2本柱の事業構造から多数小柱の事業構造へ »

2012年9月28日 (金)

セントケアHD、介護関連の諸分野に幅広く参画・関与する意欲


買収した介護企業を含む新規53拠点(前期20拠点)上乗せ
弁理士 さなり しげのり Google検索 SANARI PATENT
B Site http://sanaripatent.blogspot.com
C Site http://patentsanari.cpcplog-nifty.com
Twitter http://twitter.com/sanaripat
訪問介護のセントケアHD株が年初来高値を更新して9万9900円に達し(2012-09-27)、4月安値8万7600円の13.0%高に及んだ。介護事業については経営難を訴えるマスコミが多いが、創意工夫の余地が多大な分野でもあると、SANARI PATENTは考える。
セントケアHDは、設立29年半、「訪問介護・入浴介助主体。ディサービス育成。関東圏中心から、コムスン在宅系承継で全国展開進む」と特色付けられ(会社四季報)、「訪問介護など既存拠点の稼働率向上に加え、買収した介護企業を含む新規53拠点(前期20拠点)上乗せ。通所介護など報酬マイナス改定影響や人件費増を吸収。短期入所など手薄だったサービスに注力。制度改革で新設された複合型サービスに参入検討。最高益更新。増配継続」(同)と高評価されている。
セントケアHDは、1983年3月、高齢化社会の到来に鑑み、介護サービス事業を営むことを目的として都台東区に日本福祉サービス株式会社を設立。厚労省の関係機構・シルバーサービス振興会から、1990年に在宅入浴サービスのシルバーマーク、1991年に在宅介護サービス、1994年に福祉用具レンタルサービス、1997年に在宅配食サービスの、各シルバーマークを取得。
佐成重範弁理士所見→介護関連の諸分野に幅広く参画・関与する意欲が窺われると共に、経営合理化の創意にも優れ、介護分野のイノベーションというわが国最大の課題対処に、セントケアHDの貢献を期待する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にメール下さい)

« TOWは自動車メーカーの各種発表会・飲料メーカーのスポーツ関連受注増 | トップページ | 真空技術のアルバックは、2本柱の事業構造から多数小柱の事業構造へ »