最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 電気通信工事最大手のコムシスHD株が年初来高値更新 | トップページ | 感性と感覚の国内国際競争、ヘア化粧品ミルボン(東証2部)の優越 »

2012年8月11日 (土)

「マンションは絶対、中古を買いなさい」という勧めも活かそう

住宅ジャーナリスト林 直樹氏の近著

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

リサイクルを積極化した「リユース+イノベーション」を「アップサイクル」と呼び、回収再製造の諸分野で流行し始めたが、マンションについても、住宅ストックの充実の新政策に沿って、アップサイクルされた中古マンションの活用が普及することは、色々な意味で、社会経済上、望ましいことに異論ないと思う。住宅ジャーナリスト林 直樹氏の近著「マンションは絶対、中古を買いなさい」(成美堂)が、マンションの機能・価値の保全と向上に役立つことは疑いなく、広く購読されることが望ましい。

関連して行政上、「マンション管理適正化法の施行について」(平成13年7月31日付・国土交通省通達・最終改正・平成21年9月9日)は、次のように定義を定めている(SANARI PATENT要約)。

管理事務の定義:管理事務とは、マンションの管理に関する事務であって、基幹事務(会計収支の調定、出納、専用部分を除くマンションの維持・修繕の企画または実施の調整)を含む。

マンション管理業の定義:マンション管理業とは、管理組合から委託を受けて基幹事務すべてを業として行うものである。

さて管理組合は、組合管理部分の修繕など、規約32条の業務を行うが、規約33条により、業務の全部または一部を、マンション管理業者に委託して執行することができるのであるから、信頼に値するマンション管理業者に業務の全部を委託して、マンション所有者および居住者は、マンション管理業務に煩わされることなく各自の社会経済活動および世帯の運営に専心できることが、マンション生活の理想である。

従って、優秀な(一流マンション建設会社・マンション修繕会社・マンション取引会社の子会社で、修繕やアップサイクルに関する知見を親会社から容易に得ることができることなど)管理会社との管理受委託契約においては、第3条に、受委託管理業務の内容として、維持修繕業務を明定し、様式第3に、外壁・エレベータなどのを含めて、管理会社は、修繕の企画案を作成し、管理組合に提出すると定めており、管理組合は、管理会社に対する妥当な信頼に基いて、その実施ないし実施の調整を管理会社に任せることが適切である。

上記のことが、新築・中古のマンションを通じて達成されれば、再生日本の住生活は、内容・コスト共に合理化かつイノベートされ、再生から再発展に飛躍可能であろう。ただし、上記管理会社の提案と実行が、十分な検討に基いてなされ、委託者の信頼を傷つけることが皆無であることが必要である。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« 電気通信工事最大手のコムシスHD株が年初来高値更新 | トップページ | 感性と感覚の国内国際競争、ヘア化粧品ミルボン(東証2部)の優越 »