最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 省エネエアコン向け需要で、住友軽金属の伸銅品売上高好調 | トップページ | 書籍・雑誌・映像などクロスメディアの㈱角川グル-プホールディングス »

2012年6月15日 (金)

東燃ゼネラルグル-プが6月、再編発足後

製販一体のグル-プ企業として、東燃ゼネラルグル-プの展開

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

東燃ゼネラルグル-プの再編資料が届いた。冒頭に、2012-06、すなわち今月から、「東燃ゼネラル石油株式会社、ENGマーケティング合同会社(旧エクソンモ-ビル有限会社)は、日本資本を主体とする製販一体のグル-プ企業として運営されることになった」と述べ、「およそ120年にわたる当グル-プの歴史を述べ、今次再編の意義を説明する。」として次のように解説している(SANARI PATENT要約)。

1.    東燃ゼネラルグル-プは、世界各国から最適な原油・半製品を輸入し、国内の製油所で各種石油・石油化学製品を効率的に生産し、販売している。また、製品の一部は、海外に輸出している。すなわち、輸入、精製・生産、物流、販売・輸出に至るまでの一貫した操業体制により、グル-プとしての総合力を発揮している。また、それぞれの事業活動に、世界最先端の技術・ノウハウを活用し、グローバルベストを日本の消費者に届ける。

2.    東燃ゼネラルグル-プで使用する原油は、中東、ロシア、西アフリカ、オーストラリア、東南アジア等、幅広い地域から、安全かつ効率的に、国内4カ所の製油所に運ばれる。

3.    製油所、石油化学工場では、高度な生産システムと品質管理により、LPG、ガソリン、ナフサ、灯油、軽油、潤滑油などの各種石油製品および石油化学製品を低コストで生産している。

4.    生産された石油製品や石油化学製品は、安全で効率的なオペレーションで各地に運ばれ、配送される。

5.    サービスステーションでは、エクソンモバイルのノウハウを最大限に活用する。

6.    中央研究所は創立70年の歴史を持ち、最先端の高性能製品を数多く開発している。

佐成重範弁理士所見→東レとのリチウム電池フィルム製造合弁の解消については、述べていない。会社四季報は、「米国エクソンモービルの日本法人を3020億円で6月に買収、2900スタンド、1製油所、9油槽所を掌中にすることを特記している。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« 省エネエアコン向け需要で、住友軽金属の伸銅品売上高好調 | トップページ | 書籍・雑誌・映像などクロスメディアの㈱角川グル-プホールディングス »