最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 製造品質保証に関連や後発薬展開に着実な第一三共 | トップページ | 売上高84.3%著増した大阪チタニウム、航空機向けチタンフル生産 »

2012年6月 4日 (月)

NTT事業報告の事業環境を考察

ブロードバンド化、ユブキタス化の急速進展

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

NTTの総会通知が届いたが、先ずその大局観が注目される。今次内容(SANARI PATENT要約)は、

1.    情報通信市場では、ブロードバンド化・ユビキタス化が急速に進展し、固定通信分野においては、光ブロードバンドサービスの拡大と、それに伴う既存固定電話から光IP電話への移行が進んでいる。移動通信分野においては、サービスや端末が多様化・高度化すると共に、新たな料金プランの導入などにより、競争関係が激化している。

2.    通信インフラ安全性・信頼性確保に対する関心の高まりや、IP化に伴う固定と移動、通信と放送などのサービス融合の進展、ICTを利用した様々な新ビジネスが、既存の事業領域を超えて展開されている。

3.    固定通信分野においてNTTは、引続きフレッツ光サービスの拡充および顧客サポートの充実に取組んだ。インターネット未利用者と、利用機会が少ない顧客を対象として、低廉な基本料金で始め得る二段階定額サービスを開始した。

4.    移動通信分野においてNTTは、スマホ端末のラインナップを充実すると共に、スマホ向けの様々なコンテンツを検索できる新メニューなどを開始し、また、iモードの主要サービスをスマホに対応させた。LTESANARI PATENT: Long Term Evolution:次世代ケータイの通信規格)については、データ通信に加えて音声サービスを開始し、料金プランの充実や提供エリアの拡大に取組んだ。更に、光の利用機会の拡大と、スマホなどによるデータ通信の利便性を向上するため、Wi-Fi環境を拡大した。

佐成重範弁理士所見→上記のうちWi-Fiの語は用いられてから既に久しく、却って精確な語義が理解されないままで、店頭に氾濫している観がある。Wireless Fidelityで、無線機器間の相互接続性等について、国際的に認定された規格であり、Mobile Computing機器のほかケータイゲーム機、ケータイ、音楽プレヤー、デジカメなどにも搭載され、汎用の範囲は更に拡大しよう。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« 製造品質保証に関連や後発薬展開に着実な第一三共 | トップページ | 売上高84.3%著増した大阪チタニウム、航空機向けチタンフル生産 »