最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 帝人、自動車向け炭素繊維複合材開発始め特許発明は多目的 | トップページ | 東京スカイツリー建設で世界に名を馳せた大林組の特許開発 »

2012年5月29日 (火)

東京スカイツリー東芝エレベータの先端技術、テレビに顕示

東芝のエレベータ関連特許公開件数5053件、三菱電機も多数

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

東京スカイツリーの構造が、施工諸企業の先端技術の結晶であることは開業に先立ってしばしば放映され、開業後は特に東芝エレベータの優秀な技術が入場者によって体験されているが、テレビ東京などの東芝コマーシャルにも連日登場して、東芝の業績にも寄与しつつある。この際、東芝のエレベータ関連発明の特許庁公開件数は5053件に達し(2012-05-28現在)、うち今年に入ってからの公開件数のみでも158件に及んで、なおイノベーションを追求していることに注目しよう。例えば、

1.    「エレベータのドア異常報知装置」(特許庁公開日2012-05-10)→エレベータのドアが正常通り閉じきらない以上が生じたときに、それを検出してエレベータの利用者に対して報知することが可能なドア異常報知装置を提供する。

2.    「エレベータ制御装置」(特許庁公開日2012-04-26)→かごの停止判定をした後に、自らバックアップ電源を遮断する機能を有するエレベータ制御装置を提供する。

3.    「エレベータドア装置」(特許庁公開日2012-04-19)→ガイドシューとシルが非接触で開閉するエレベータドア装置を提供する。

4.    「エレベータのドア制御装置」(特許庁公開日2012-04-19)→ドア制御が停止している場合でも、容易にドアを開閉できるエレベータのドア制御装置を提供する。

5.    「ナビゲーション装置、方法およびプログラム」(特許庁公開日2012-04-12)→エレベータのユ-ザ個性および状況に応じてナビゲーション方式を変更するナビゲーション装置を提供する。など。

以上は東芝だが、例えば三菱電機も、エレベータ関連発明の特許庁公開件数6639(2012-05-28現在)。うち今年に入ってからのみでも133件に達することを評価すべきである。例えば、

1.    「エレベータの乗場用取付物検出装置及びそれを利用したエレベータの点検方法」(特許庁公開日2012-05-24)→例えば、エレベータ機器の点検などの査業を行った後、作業に先立って取り付けた点検札など、作業後に取り外すべき物の取り外し忘れを防止する。

2.    「エレベータカゴ内防犯カメラの録画忘れ防止装置」(特許庁公開日2012-05-24)→動き検知機能が異常になった場合でも録画忘れを防止する。など。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください) 

« 帝人、自動車向け炭素繊維複合材開発始め特許発明は多目的 | トップページ | 東京スカイツリー建設で世界に名を馳せた大林組の特許開発 »