最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« クレジット取引取引について経済産業省が監督基本方針 | トップページ | インターネット活用企業の海外市場展開支援体制 »

2012年5月18日 (金)

「デジタルファッション」のカスタムメイド(オーダーメイド)マスプロ

002

Dスキャナー体型測定システム(グンゼ)のグローバル展開可能性

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

グンゼが先日(2012-05-15)発売した「3Dカスタムメイドコンプレッションタイツ」は、その技術の応用可能性の広汎であることから、衣料業界に及ぼす影響は極めて大きいと考える。佐成重範弁理士が理解するところでは、要するに、試着・仕立てなどの概念を超克して、採寸やデザインを3Dスキャナーと顧客の選好により電子技術をもって精確に実現する技術であり(引用写真↑)、メーカーと顧客との距離はネットによって没却され、グローバルな発受注が可能になるはずである。ネット販売の最高度にイノベートされたものと言い得るであろう。先日発売した商品は、その発端に過ぎない。

向上発売の「3Dカスタムメイドコンプレッションタイツ」についてグンゼは次のように述べている(SANARI PATENT要約)

1.    11パターンの柄(10柄と無地)5色のステッチから好きな色を選ぶ。

2.    本体はポリエステル85%、ポリウレタン15%、切替部はナイロン75%、ポリウレタン25%、腰ゴム部はポリエステル85%、ポリウレタン10%、ナイロン5%UVブロック加工

3.    展開サイズは、3Dスキャナー体型測定器「BODYNAVI」で計測し、サイズに合わせて製造する。

4.    価格は税込み12,600円で、約2週間で配達する。

5.    一回の測定・注文所要時間は10~15分程度。

6.    BODYNAVIは、3Dスキャナー装置から発するレーザーで、スキャナーの中心に静止する人物の姿を3Dで写し取る試着室サイズの測定器である。約2秒間で、メジャーを用いず、ヒップ囲・大腿囲・足長などの各部位サイズを計測できる。

7.    BODYNAVIにより、個人の体形に合わせたパーソナルパターンを作成するから、理想的な着圧を実現できる。

佐成重範弁理士所見→BODYNAVIの全国およびグローバルな設置普及により、発受注者間の地理距離を要素外とするオーダーメイドシステムを実現できる筈と思う。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« クレジット取引取引について経済産業省が監督基本方針 | トップページ | インターネット活用企業の海外市場展開支援体制 »