最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 東京スカイツリー東芝エレベータの先端技術、テレビに顕示 | トップページ | 切削工具用と金型用の特殊研削盤で国内首位の和井田製作所 »

2012年5月30日 (水)

東京スカイツリー建設で世界に名を馳せた大林組の特許開発

大林組は「直流発電機を備えた発電装置」発明も

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

世界一の東京スカイツリーが、先端建設技術の集積構築として世界に名を馳せていることは、大林組の先端技術が世界に名を馳せることと同義である。特許技術の面から見ても、大林組発明について特許庁公開件数は2012-05-29現在で6809件に達するが、うち、今年に入ってからの特許庁公開件数だけでも、106件を

数える(2012-01-01~05-29)。例えば(SANARI PATENT要約)(共願を含む)、

1.    「直流発電機を備えた発電装置」(特許庁公開日2012-05-24)→商用電源の停電時に動作して、建物に無停電で電力を供給する発電装置において、コンデンサタイプの蓄電部の蓄電容量を小にする。

2.    「プレキャスト部材連結金物の設置方法」(特許庁公開日2012-05-24)→プレキャスト部材間の連結を低コストに実現する連結金物の設置方法を提供する。

3.    「プレキャスト部材の連結構造」(特許庁公開日2012-05-24)→プレキャスト部材間の連結を、軽量で低コストな金具により可能とする。

4.    「コンクリート構造物の補強体、コンクリート構造物の補強構造、およびコンクリート構造物の補強方法」(特許庁公開日2012-05-24)→改築が困難なコンクリート構造物を効率良く補強できるコンクリート構造物の補強体および補強構造を提供する。

5.    「港口遮断構造」(特許庁公開日2012-05-24)→低コストで構築可能な、無許可船舶の不法入港を防止する港口遮断構造を提供する。

6.    「多段式土壌供給装置」(特許庁公開日2012-05-24)→粗い瓦礫等を含む軟弱な土壌であっても、定量的に供給できる多段式土壌供給装置を提供する。

7.    「接合部の制振構造」(特許庁公開日2012-05-17)→構造体が損傷することを回避すると共に、振動を抑制することが可能な接合部の制振構造を提供する。など。

特許公開に現れる技術開発と並行して大林組は、「3次元画像などを使った無線遠隔操作による無人施工技術を開発、災害復旧初期などの活用が主眼」と注目され(会社四季報)、国家・国民の期待に応える。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« 東京スカイツリー東芝エレベータの先端技術、テレビに顕示 | トップページ | 切削工具用と金型用の特殊研削盤で国内首位の和井田製作所 »