最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« NTT宇冶副社長とNTTマンガの表現技術に表敬 | トップページ | 東燃ゼネラルと昭和シェル、連結売上高同規模だが、集中選択の異同 »

2012年4月 1日 (日)

DeNAとDisneyがモバイルソーシャルゲームのWorldwide展開に提携

002

←ディズニーパーティ

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

日米コンテンツの全世界展開において、DeNADisneyの提携は実に力強い推進母体の構築を意味する。先ずDeNAのプレスリリース(2-12-03-30)(SANARI PATENT要約)は、次のように述べている。

1.    DeNADisney Japanは、Worldwideでの事業提携に合意し、Social GameTitleを4Platformで展開する。

2.    両社は、この提携に先駆けて共同開発の第一弾Titleとなるパーティ育成ゲーム「ディズニーパーティ」(引用写真↑)を制作し、2012-03-28から。DeNAが運営する会員数3500万人を超える国内最大級のSocial Game PlatformMobage(モバゲー)」でサービスを開始した。2012-04-02からは、カードコレクションゲーム「ディズニーファンタジークエスト」を正式に開始する。また、今年夏には、「マーベルカードバトル型ゲーム(Title未定)を開始する。

3.    2012-07頃から順次、国内での展開に留まらず、「ディズニーパーティ」「ディズニーファンタジークエスト」「マーベルカードバトル型ゲーム(Title未定)の3Titleを海外でも展開する。いずれも、グローバル版「Mobage」、中国版「Mobage」、韓国では「Daum Mobage」においてスマホアプリのサービスを開始する。なお、DeNAがパートナーとの協業で自社開発したTitleを海外で展開するのは、今回が最初である。また、展開を決定している。3Title以外にも、新規Titleの展開を前向きに検討中である。

4.    今後は、両社において、Social Game事業以外に、Disneyの映画やテレビ、スマホアプリなどにおいても、共同での取組を前向きに検討していく。

佐成重範弁理士所見→DeNADisneyの協業が、グローバルに、また、ゲームを含む広汎なメディアにおいて展開されることに、コンテンツの新たな世界史が起動すると考える。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください) DeNA Disney Mobage

« NTT宇冶副社長とNTTマンガの表現技術に表敬 | トップページ | 東燃ゼネラルと昭和シェル、連結売上高同規模だが、集中選択の異同 »