最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 日本民間放送連盟の、内閣知財戦略本部に対する意見 | トップページ | Jリートの特質、日本プライムリアルティ投資法人(複合型)が説明 »

2012年3月27日 (火)

三井物産系物流インフラを展開する日本ロジスティクスファンド投資法人

001

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

野村IR主催の会社説明会に日本ロジスティクスファンド投資法人が出演した(2012-03-27)。東証に上場し、投資企業・投資家の出資により物流施設を保有し、テナントに賃貸して賃料収益等から、投資企業・投資家に配当するのは定型的だが、運営は三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社が資産運用会社として行うし、出資比率51%の出資と共に、物件紹介や政策節開発を三井物産が行うとしているから、日本ロジスティクスファンド投資法人の事業基盤の安定・強固性・発展性は説明を待たない。

とこれで、今日の資料と共に、三井物産OEMSANARI PATENT推測)の和菓子「吾唯足知」(引用写真↑)が配られたが、その解説に「三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社は、「吾は唯、ひたむきにロジスティクスのノウハウ(知)に磨きをかけ、日本ロジスティクスファンド投資法人の運用を長期安定的に行っていきたいという思いを表現しました」と述べている。「吾唯足知」は京都龍安寺に由来し、4文字全てい「口」の文字を含むので、分配金を意匠する文銭中央の穴を口型として表し、「満足することを知ること、足るを知ること」が大切と教えています、と解説しているが、さて、日本ロジスティクスファンド投資法人の増収増益は、どの辺で、足るを知ることとなるのか、質問の機会を失した。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください) 

« 日本民間放送連盟の、内閣知財戦略本部に対する意見 | トップページ | Jリートの特質、日本プライムリアルティ投資法人(複合型)が説明 »