最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« コンテンツのデジタル化ネットワーク化では、海外が先行 | トップページ | 円高・空洞化に対処の、経済産業省来年度予算案 »

2012年1月 1日 (日)

新春所感: スマホ始め携帯電話機関連発明の活況

      謹んで新春 国内外にご発展を お慶び申し上げます

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

携帯電話機の機能が「電話」の領域を遥かに超えて「ケータイ」と表示され、更に「多機能携帯電話機」がスマートフォーンで、「スマホ」と通称され、その社会経済イノベーションに及ぼす影響はグローバルに拡大深化している。従って、携帯電話機に関する発明の特許庁公開件数も1万9098(2011-12-31現在)に達し、うち、昨12月に特許庁公開あれたもののみでも40件を数える。例えば(SANARI PATENT要約)

1.    NTTほか1名「携帯電話機」(特許庁公開日2011-12-22)→ユ-ザ-が携帯電話機の通常の使用態様である、「手に持って使用する」ときに、電界通信用の信号電極とグランド電極とに同時に触れる恐れがなく、携帯電話機通信も電界通信性能も十分に発揮させることができる電界通信器兼用の携帯電話機を提供する。

2.    シャープ「電気機器、電源制御装置、補聴器」(特許庁公開日2011-12-22)→携帯電話機において、利用者が意図しないタイミングで機器の電源ON/OFFが生ずることを防ぐ。

3.    京セラ「無線端末装置及び制御方法」(特許庁公開日2011-12-22)→携帯電話機において、第一通信システムでの通信から第二通信システムでの通信に移行する際に、第二通信システムの起動にかかる時間を短縮できる無線端末装置及び制御方法を提供する。

4.    NECカシオモバイルコミュニケーションズ「コンテンツ取引システム及び端末装置並びにプログラム」(特許庁公開日2-11-12-22)→携帯電話機において、CD/DVDのジャケット、書籍の表紙などを撮影した画像に基いて、そのコンテンツの取引を適切に促進できるようにする。

5.    ドコモ「スライド式移動機構および電子機器」(特許庁公開日2011-12-15)→携帯電話機において、スライド式の移動機構の構造が複雑化することを抑えつつ、滑らかなスライド操作を実現する。など

佐成重範弁理士所見→ ガラパゴス化によるシェア低位が、ガラパコスブランドによってシェア著増することを期待する。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« コンテンツのデジタル化ネットワーク化では、海外が先行 | トップページ | 円高・空洞化に対処の、経済産業省来年度予算案 »