最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ダイコク電機の業況と、電子産業としてのパチンコ・パチスロ業界 | トップページ | 株式会社リブセンスのIT新ビジネスメソッドに上場人気 »

2011年12月 7日 (水)

低温物流のニチレイ、上海鮮冷儲運有限公司で中国に日本品質普及

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

グローバルな経済変動の影響下にあっても、新興国・巨大人口の所得漸増が食の安全を希求して冷凍物流への依存度を急進することは止まらず、ここに食品安全先進国としての日本企業が先進技術を発揮して寄与する余地は大きく、ニチレイの上海鮮冷儲運有限公司による活躍は、その典型的事例とSANARI PATENTは考える。

今次上半期報告においてもニチレイは次のように述べている(SANARI PATENT要約)

1.    上海鮮冷儲運有限公司は2004年に、ニチレイロジグル-プ本社・三菱商事・三菱商事(中国)有限公司・上海市浦東汽車運輸有限公司の合弁で設立された。

2.    上海鮮冷儲運有限公司は上海市内に物流拠点を置き、上海市内および周辺都市の外食店・小売店・コンビニなどに食品物流を展開している。現在、中国では日系の料理店や外食店の出店が旺盛だが、中国現地の物流企業は、温度管理や定時配送など物流品質面で、未だ必ずしも日本の水準にあるとは言えず、ニチレイは、日本でのノウハウを活かして高品質な低温物流サービスを中国において提供する。

3.    中国経済の発展に即応して、2012年度にはジャンはイノベーション市内に新センタの始動を予定している。

わが国企業の冷凍技術開発は益々活発で、特許庁公開の冷凍関係発明件数も4万3517件に達する。2011-12-01に公開されたもののみでも、例えば、

(1)  三菱電機・発明の名称「冷凍装置」(特許庁公開日2011-12-01)は、停止中の圧縮機における吸入側における冷媒の圧力が、吐出側における冷媒の圧力以上となることによる呼称などを防ぎ、冷凍装置の信頼性を確保する。

(2)  日立アプライアンス・発明の名称「断熱箱体および冷蔵庫」(特許庁公開日2011-12-01)は、長期における断熱性能が優れ、平面度が高くてヒートブリッジ現象が抑えられ、省エネに貢献する。

(3)  富士電機リテイルシステムズ・発明の名称「熱交換器の製造方法」(特許庁公開日2011-12-01)は、冷凍機器の熱発生端部で発生した熱を、良好に冷媒に伝達させることにより、熱交換効率を向上する。など。

佐成重範弁理士所見→ 冷凍技術と言えば、低温物流と共に、超電導技術が特許庁公開分類では冷凍にも所属するが、これは低温電流とも言うべく、相俟って生活の安全と合理化を保障する。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« ダイコク電機の業況と、電子産業としてのパチンコ・パチスロ業界 | トップページ | 株式会社リブセンスのIT新ビジネスメソッドに上場人気 »