最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 経済産業省がアジア太平洋技術・国際標準化の進捗状況を説明 | トップページ | ハイブリッドLCC、ハイブリッドカー、ハイブリッドホテル、ハイブリッド利率、ハイブリッド都府 »

2011年12月21日 (水)

グリー・マイクロソフト連携、ソーシャルゲームのグローバル効果

003

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

グリーと日本マイクロソフトは、「グローバル市場進出も含めた開発デベロッパーの事業展開をグリー・マイクロソフトで支援」と題して発表すると同時に、グリーパートナーを対象とする支援を開始した(2011-12-19)。発表内容(SANARI PATENT要約)は、「SNS (Social Networking Service)Social Application を提供する開発Developer [GREE Partners]を対象として、最適化したWindows Azure PlatformベースのCloud Application Platformを提供するというものである。 Windows Azure Platformは、Microsoftのデータセンタから、インターネット経由でComputing Resourceを提供する、MicrosoftApplication Platformであって、Microsoft が所有する欧州所在のデータセンタ2箇所、米国所在のデータセンタ2箇所、アジア 所在のデータセンタ2箇所を展開し、世界24箇所のContents Delivery Networkを利用する、グローバル展開対応のサービスである。」

GREEパートナーは、必要に応じて必要な分だけ、Computing Resourceを利用できるだけでなく、煩雑なデータベースやOS(Operating System)の運用作業の多くをMicrosoftのサービスとして提供されるので、より戦略的な企画やApplication の開発に資源を投入できるから、グリーとマイクロソフトの両社からの支援を得つつ、日本およびグローバルで事業を展開することができる。」

Social Game業界では、スマホとSocial Cloud Serviceの普及により、グローバル化に早急に対応する必要性が高まっている。今回の共同支援では、「グリーが持つSocial Gameの企画開発力および国際事業展開のノウハウ」と、「マイクロソフトがグローバルに展開するクラウド基盤」を組合せることにより、円滑な事業展開をサポートする。」

佐成重範弁理士所見→グリーの主軸業務であるケータイソーシャルゲーム(引用写真↑)は、利用者増と顧客単価の大幅上昇、スマホ経由の課金収入も立ちあがり、また、グローバルには、初の北米向け自社タイトル投入、2012年には各国で異なるApplicationの仕様を統一して海外展開を加速する(会社四季報)(SANARI PATENT注:米国でGolden Globe賞連続受賞)など活況で、上記提携は時宜にも適する。ソーシャルゲームに融合している日本のデジタルコンテンツ(ストーリー、キャラクター、アニメを含む)がソフトパワーとして、国際友好にも寄与することが期待される。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« 経済産業省がアジア太平洋技術・国際標準化の進捗状況を説明 | トップページ | ハイブリッドLCC、ハイブリッドカー、ハイブリッドホテル、ハイブリッド利率、ハイブリッド都府 »